プロミスのWeb完結

プロミスのカードローンはWeb完結サービスに対応しています。Web完結なら申し込みだけでなく、契約・借り入れの手続きもスマホやパソコンから行えて便利です。

ただし、普通にインターネットから申し込むだけではWeb完結にならないケースもあるので注意しましょう。

プロミスのカードローンをWeb完結で契約する方法についてまとめました。Web完結の申込で在籍確認をなしにする事もできますよ。

Web完結のメリットだけでなく、デメリットも解説するので、これからプロミスの申し込みをする方はぜひ参考にしてください。

プロミス

プロミスをWeb完結で契約するための条件

プロミスのカードローンをWeb完結で契約するためには以下の条件があります。

  • メールアドレスを持っていること
  • 指定の方法で本人確認を行えること
  • 契約時に「カードレスでの契約」を選択すること

メールアドレスを持っていること

プロミスのカードローンをWeb完結で申し込む場合には、メールアドレスが必須です。審査結果や契約手続きの案内などはメールで届くので、普段使っているアドレスを入力するようにしましょう。

カードローンの申し込みはスマホからでも、パソコンからでも行えます。

指定の方法で本人確認を行えること

カードローンの契約では必ず本人確認が実施されます。そして、プロミスをWeb完結で契約するためには、「金融機関口座でかんたん本人確認」もしくは「アプリでかんたん本人確認」による本人確認が必須です。

どちらの本人確認の条件も満たせずに郵送などでの手続きが必要になるとWeb完結はできません。

また、本人確認の方法については近年厳格化されており、複数種類の書類提出を求められるケースもあります。ただし、上記の方法であれば原則として1種類の本人確認書類で大丈夫です。

それぞれの本人確認方法について以下で説明していきます。

「金融機関口座でかんたん本人確認」

「金融機関口座でかんたん本人確認」はカードローンの契約時に銀行などの金融機関口座の情報を連携させる本人確認の方法です。(※ 金融機関側での本人確認が完了している必要があります。)

口座情報は金融機関側のサイトで入力します。その際に口座番号などの入力が必要になるため、口座の情報が分かるようなものを用意しておくとスムーズです。

この方法での本人確認に利用できない金融機関もあるので、プロミスのホームページで確認しておいてください。

例えば、楽天銀行、auじぶん銀行、オリックス銀行、ソニー銀行、PayPay銀行などはプロミスのWeb完結に対応していません。

また、口座を持っていてもインターネットバンキングを契約していないとWeb完結に利用できないなどのケースもあります。

あらかじめ金融機関ごとの「Web完結への対応状況」「利用できる口座種別」「利用可能時間」などを調べておくと良いでしょう。

「アプリでかんたん本人確認」

「アプリでかんたん本人確認」はプロミスのスマホアプリを使う本人確認の方法です。運転免許証などの画像アップロード+申込者の顔をスマホで撮影することで本人確認を行います。

顔写真によって本人確認をするため、この方法の場合は顔写真付きの本人確認書類が必須です。運転免許証なし(運転経歴証明書を含む)の方は、マイナンバーカード、在留カード/ 特別永住者証明書が必要になります。

スマホから本人確認書類を提出する

顔写真付きの本人確認書類を持っていないのであれば、「金融機関口座でかんたん本人確認」を選択してください。

契約時に「カードレスでの契約」を選択すること

Web完結では契約の手続きもインターネット上で行います。審査結果を通知するメールに記載されているURLから手続きを進めますが、その際に「カードレスでの契約」を選択するようにしてください。

ローンカードの発行を希望する場合、郵送や来店でのカード受け取りが必要になります。これだとWeb完結での契約にはなりません。

ちなみに、プロミスは契約のあとからでも無料でカード発行が可能です。カードレスで契約してみて、「カードを持っていた方が便利」と感じたら、後日、手続きすれば良いでしょう。

プロミス

プロミスのWeb完結でお金を借りる流れ

プロミスのカードローンをWeb完結で契約する場合、以下のような流れで借り入れできます。

  1. 申し込みフォームに必要事項を入力する
  2. 必要書類をアプリなどから提出する
  3. 審査結果の通知をメールで受け取る
  4. ネットで契約手続きを行う
  5. 銀行振込やスマホATM取引でお金を借りる

プロミスは最短で20分の審査回答です。そのため、即日融資にも対応しており、ネットからの契約後はすぐに銀行振込やスマホATM取引のサービスでお金を借りられます。(※ 申し込みの時間帯などによっては翌営業日以降の連絡になります。)

ただし、申込内容などに不備があると時間が審査に時間がかかったり、Web完結にならなかったりするので注意してください。

プロミスをWeb完結で契約する手順を確認していきましょう。

1. 申し込みフォームに必要事項を入力する

プロミスのカードローンは来店(自動契約機)や電話での申し込みもできますが、Web完結で契約したいときはパソコンやスマホから申し込んでください。

ネットからの申し込みであれば24時間いつでも行えます。
ただ、プロミスの当日の審査受付は9:00~21:00で、時間外の申し込みは翌営業日の受付になるので注意しましょう。

プロミスの審査受付時間

申し込みフォームに入力するのは「申込者本人の情報」「勤務先の情報」「契約方法」です。

Web完結で契約する場合、「ご希望の契約方法」の項目は「WEBでご契約」を選択してください。「WEBでご契約」を選択すれば、審査通過後、そのままネット上で契約手続きできます。

また、利用明細などの書面の受取方法は自動的にWeb明細になるため、紙の明細の発行もありません。利用明細などを確認したいときは会員専用サイトにアクセスしましょう。

2. 必要書類をアプリなどから提出する

前述のとおり、プロミスをWeb完結で契約する場合、「金融機関口座でかんたん本人確認」もしくは「アプリでかんたん本人確認」が必須です。

都合の良い本人確認方法を選択し、スマホアプリなどから指定の書類を提出しましょう。ただし、本人確認の方法によって利用できる書類が異なるので注意してください。(※ 審査内容によっては収入証明書の提出も必要です。)

プロミスの本人確認で利用できる書類
金融機関口座でかんたん本人確認 アプリでかんたん本人確認
本人確認書類 申込者の氏名・生年月日・現住所を確認できる書類1点。
運転免許証 ※1 / パスポート ※2/ 健康保険証/ マイナンバーカード/ 在留カード・特別永住者証明書
申込者の氏名・生年月日・現住所を確認できる顔写真付きの書類1点。
運転免許証(経歴証明書も可)/ マイナンバーカード/ 在留カード・特別永住者証明書
補足書類 現在住んでいる自宅住所が記載されている発行日から6ヶ月以内の書類。
公共料金の領収書 ※3/ 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書/ 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書/ 社会保険料の領収書
現在住んでいる自宅住所が記載されている発行日から6ヶ月以内の書類。
健康保険証/ パスポート ※2/ 公共料金の領収書 ※3/ 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書/ 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書/ 社会保険料の領収書

※1 運転経歴証明書も可

※2 2020年2月3日以前に申請・発行され、住所欄に現住所の記載があるもの

※3 電気・ガス・水道・NHK

補足書類は本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合に必要になります。本人確認書類とあわせて用意してください。

3. 審査結果の通知をメールで受け取る

申し込み、本人確認の手続きが済んだら、審査結果を知らせるメールが届くのを待ちます。(※ 申し込みの際は「審査結果の連絡方法」を「メール」に指定してください。)

先ほど説明したように審査時間外の申し込みは翌営業日の扱いになります。即日融資を希望する場合は、できるだけ早めの時間帯に申し込みを済ませておきましょう。

審査結果の通知メールが届いたら、記載されているURLへアクセスしてください。このタイミングで契約条件(限度額など)も確認可能なので、問題なければ次の契約手続きへ進みます。

4. ネットで契約手続きを行う

契約手続きではローンカードの発行についても選択します。Web完結で契約するので、必ず「カード不要」を選ぶようにしてください。

繰り返しになりますが、プロミスはカードレスで契約してもあとからカード発行することが可能です。ローンカードが必要になったら、自動契約機やプロミスコールなどで手続きしましょう。

また、「金融機関口座でかんたん本人確認」を選んだ方は、口座情報の登録も必要になります。画面の指示に従って手続きを進めてください。

5. 銀行振込やスマホATM取引でお金を借りる

プロミスはネットでの契約完了後、すぐに借り入れできるようになります。会員専用サイトやスマホアプリから銀行振込(インターネット振込)の依頼をするか、スマホATM取引を利用しましょう。

インターネット振込は原則24時間いつでも手数料無料で利用でき、最短10秒ほどで自分の銀行口座へ振り込みをしてくれます。

例えば、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行などは曜日・時間帯に関係なく10秒程度での振り込み(メンテナンス時間を除く)が可能です。

ただし、利用する金融機関によって振込実施時間が異なる点、毎週のメンテナンス時間帯の依頼は振り込みが遅れる点には注意してください。

一方、スマホATM取引はスマホアプリをローンカード代わりにできるサービスです。対応しているのはセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMで、こちらも原則24時間いつでも利用できます。

アプリをダウンロードし、会員情報でログインした上で、近くのセブンイレブンやローソンなどへ向かいましょう。アプリ内の「スマホATM取引」のメニューから画面の案内に従ってスマホとATMを操作してください。

プロミス

プロミスをWeb完結で契約した場合の返済方法

プロミスをWeb完結で契約した場合、ローンカードは発行されません。そのため、カードを使った返済はできず、口座振替やインターネット返済サービスを利用することになります。

銀行振込での返済も可能ですが、これらは月々の返済に向いていません。また、契約の際に返済用の金融機関口座を登録したかどうかによっても、毎月の返済方法は変わってきます。

「金融機関口座を登録した場合」「金融機関口座の登録を行っていない場合」に分けてWeb完結で契約したときの返済方法について説明していきます。

金融機関口座を登録した場合

本人確認のために金融機関口座の情報を登録した方は、その口座が自動的に返済用口座になります。毎月の返済は「口座振替」になるので、自分で返済の手続きをする必要はありません。

引き落とし日は5日・15日・25日・末日のいずれかで、選択した返済日の前日までに口座にお金を用意しておきましょう。(※ みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行以外の引き落とし日は毎月5日になります。)

ちなみに、月々の返済とは別にインターネット返済やスマホATM取引で追加入金するのは自由です。余裕があるときは追加入金して効率的に返済を進めていきましょう。

金融機関口座の登録を行っていない場合

金融機関口座の登録を行っていない場合、毎月の返済は基本的に「インターネット返済」もしくは「スマホATM取引」になります。(※ 契約後に口座振替の登録をすることは可能です。)

おすすめは原則24時間いつでも利用でき、手数料のかからないインターネット返済です。会員専用サイトの「インターネット返済」のメニューから利用する金融機関のサイトへログインして返済の手続きを行ってください。

土日や祝日も利用可能で、ネット環境があれば最短10秒ほどでどこからでも返済できます。(※ インターネット返済には金融機関のインターネットバンキングの契約が必要です。また、一部利用できない金融機関もあります。)

インターネット返済は最短10秒で手続き可能

インターネット返済サービスに対応している金融機関はプロミスのホームページで確認可能です。

ほかにもスマホATM取引を使えばセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMから返済できますが、スマホATM取引の利用には所定のATM手数料が発生します。毎月の返済をずっとスマホATM取引で行うのは手数料がかさむので注意しましょう。

プロミス

プロミスをWeb完結で契約するメリット

プロミスのカードローンをWeb完結で契約するのには次のようなメリットがあります。

  • 来店不要で契約手続きが完了する
  • 郵送物なし!カードレスなのでバレにくい
  • ​​スムーズに手続きを進めやすく即日融資にも対応

来店不要で契約手続きが完了する

以前はプロミスのカードローンを即日で契約しようと思うと自動契約機への来店が必要でした。

しかし、Web完結に対応し、契約もネットでできるようになったため、今は近くの自動契約機までカード発行しに行かなくてもすぐに借り入れできます。

契約さえ済ませてしまえば良いので、Web完結であれば自動契約機の営業時間を気にする必要もありません。

パソコンやスマホだけで手続きが完了するというのはWeb完結の大きなメリットになるでしょう。

郵送物なし!カードレスなのでバレにくい

プロミスのカードローンをWeb完結で契約する場合、カードレスかつ利用明細などは会員専用サイト上での確認になるため郵送物が発生しません。

ローンカードや利用明細を見られて家族にバレるといったリスクもないのです。カードや利用明細はキャッシングがバレる原因になりやすいのですが、Web完結であればその心配はしなくて大丈夫でしょう。

郵送物なしなら家族にバレにくい

ただし、返済が滞ったときなどは自宅に郵送物が届くこともあるので注意してください。

スムーズに手続きを進めやすく即日融資にも対応

来店でローンカードを発行する形でも即日融資は可能ですが、スマホやパソコンからすべての手続きができるWeb完結の方がスムーズです。(※ 申し込みの時間帯などによっては翌営業日以降の連絡になります。)

ネット上での契約手続き完了後は、インターネット振込やスマホATM取引ですぐに借入可能です。自動契約機に来店する手間がない分、よりスピーディに利用できるでしょう。

プロミス

プロミスをWeb完結でカードレス契約するデメリット

インターネット上で手続きが完了するプロミスのWeb完結は便利ですが、いくつかデメリットもあります。Web完結での契約を考えている方は、以下の点も確認しておいてください。

  • カードを使ってATMで直接キャッシングできない
  • 手数料のかからない三井住友銀行ATMなどを利用できない
  • 本人確認の方法によっては返済方法が口座振替になる

カードを使ってATMで直接キャッシングできない

Web完結で契約した場合は、ローンカードが発行されないためカードを使って直接ATMでキャッシングすることはできません。

スマホにアプリをインストールしてスマホATM取引で借りるか、一度、インターネット振込で入金してもらったお金をキャッシュカードで引き出す必要があります。

スマホATMの操作は画面の指示に従って行えば難しくないものの、スマホ操作に慣れていない人は「よく分からない」「ちょっと面倒」と感じるかもしれません。

手数料のかからない三井住友銀行ATMなどを利用できない

カードレスでプロミスを利用する場合、キャッシングできるATMはスマホATM取引対応のセブン銀行ATMもしくはローソン銀行ATMに限られます。

そのほかのコンビニ・提携ATM、プロミスATMの利用はできません。特に注意したいのが、手数料のかからないプロミスATM、三井住友銀行ATMがカードレスだと利用できないという点です。

スマホATM取引も便利なサービスですが、所定のATM手数料がかかるため、頻繁に利用するのには向いていません。Web完結で契約した方は、できるだけ手数料のかからないインターネット振込を利用しましょう。(※ 金融機関のキャッシュカードで引き出す際は、利用する金融機関の手数料ルールが適用されます。ATM手数料が自己負担になるケースもあるので注意してください。)

または、必要に応じてあとからプロミスのローンカードを発行してください。

本人確認の方法によっては返済方法が口座振替になる

本人確認を「金融機関口座でかんたん本人確認」で行うと、返済方法は口座振替になります。

顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合、Web完結で契約するには「金融機関口座でかんたん本人確認」しか選択肢がありません。

自動的に月々の返済は口座振替になるので、口座に引き落としなどの記録を残したくない人には向かないでしょう。

また、給与の振り込みのある金融機関以外を返済用口座にした場合、返済日までに引き落としの用意をする必要もあります。金融機関口座を使って本人確認する人は、返済方法にも注意してください。

プロミス

プロミスをWeb完結で契約する場合の在籍確認

プロミスのカードローン審査では在籍確認が必ず実施されます。在籍確認は申込者に安定した収入があるかをチェックするための審査です。

プロミスは原則、電話以外の方法で在籍確認していますが、審査の結果によっては「電話による勤務状況の確認が必要」だと判断されるケースもあります。

必ずしも勤務先への電話なしで審査が進むとは限りません。ただし、プロミスが在籍確認のために会社などへ連絡する場合、担当者の個人名を名乗ってくれます。在籍確認の電話でカードローンの申し込みがバレる可能性は低いと考えて大丈夫です。

在籍確認は担当者の個人名でかける

Web完結でも在籍確認なしにはならないので注意

審査で在籍確認が実施されるのはWeb完結であっても一緒です。プロミスのWeb完結は、電話連絡まですべてなしになるわけではありません。

在籍確認は原則として電話以外の方法で行いますが、必ず現在の勤務状況は確認されます。勤務状況の確認は雇用形態(パート・アルバイト、派遣社員、学生など)に関係なく、すべての申込者に対して行われます。

在籍確認に関する相談は事前にコールセンターまで

原則、プロミスは在籍確認のための電話連絡を行いませんが、審査結果にもよるため、実際にはケースバイケースです。

もし在籍確認に関して不安な点があるなら、あらかじめコールセンターで相談しておきましょう。在籍確認の方法や電話をかける場合は時間帯など、可能な範囲で対応してくれます。

プロミス

まとめ

プロミスのカードローンをWeb完結で契約する場合、指定の方法で本人確認を済ませ、契約時に「カード不要」を選択しましょう。そうすればローンカードの発行はなく、すべての手続きがインターネット上で完結します。

契約完了後は、すぐにインターネット振込、スマホATM取引のサービスによる借り入れが可能です。

最後にプロミスをWeb完結で利用する際のポイントをまとめます。

  • 「金融機関口座でかんたん本人確認」には指定の金融機関口座が必要
  • 「アプリでかんたん本人確認」には顔写真付きの本人確認書類が必須
  • Web完結で契約するときは「カード不要」を選択する
  • 契約後はカードがなくてもインターネット振込、スマホATM取引ですぐに借入可能
  • Web完結の返済方法は口座振替、インターネット返済、スマホATM取引など

プロミスのWeb完結ならカードレスで、来店不要・郵送物もありません。申し込みはインターネットからいつでも行えるので、プロミスのホームページで必要事項を入力していきましょう。

プロミスならローンカードをあとから発行することもできるため、カードレスになるWeb完結で契約しても安心です。

著者:板垣 雄(貸金業務取扱主任者)
貸金業務取扱主任者 板垣 雄

2021年に「貸金業務取扱主任者資格試験」に合格。お金に関する問題は、さまざまなライフイベントで発生します。「借りる」という観点だけにとらわれずに、さまざまなお金に関する問題を解決するための知識をお伝えします。>>プロフィール