プロミスの限度額を増額する流れ

プロミスのカードローンは最大500万円までの借り入れに対応していて、審査で決定された限度額の範囲内なら自由に追加融資を受けられます。

ただし、月に1回の返済は必要であり、限度額いっぱいまで借りている場合は追加融資を受けられません。

もし借入可能枠が不足しているならプロミスの利用限度額を増額しましょう。

例えば、現在の限度額20万円から50万円まで増額された場合、限度額ギリギリまで借りていても新たに30万円の借り入れが可能です。

この記事ではプロミスの限度額を増額する方法についてまとめました。また、プロミスで増額が認められにくいケースや増額審査に落ちたときの対処法もあわせて説明するので、そちらもしっかりと確認しておきましょう。

実は増額の審査は厳しく、新規申込時よりも結果の通知に時間がかかることも多いです。

審査結果の連絡を待った挙句、増額が認められないケースもあるため、「できるだけ早く借りたい人」「プロミスで過去に延滞したことのある人」などは別の消費者金融から借りることも検討してください。

プロミスで限度額を増額するメリット

「追加でお金を借りたいのに、限度額まで使ってしまっている…」

このようなときに増額を考えると思いますが、借りられる金額が増えること以外にも、限度額を引き上げるメリットはあります。

まずは増額による金利の引き下げです。

プロミスの金利は年4.5%~17.8%であり、審査によって適用される利率が決まります。基本的に金利は限度額に応じて変動する仕組みなので、限度額が増えると、適用される利率が引き下げられるケースもあるのです。

限度額を増額すると適用金利が下がる

また、今利用しているプロミスの限度額を増額するのであれば、返済の管理も煩雑になりません。ほかのカードローンやクレジットカードのキャッシングで必要なお金を用意する手段もありますが、この場合、返済先が複数になってしまいます。

返済先が増えた分だけ、いつまでに、いくら返済するのかという管理は面倒になるでしょう。

ただし、前述のとおり、「審査に時間がかかる」「審査が厳しい」などのデメリットもあるため、メリットとデメリットの両方を把握した上で判断するようにしてください。

プロミスの限度額を増額する方法

それではどうやってプロミスの限度額を増額すれば良いのか、その方法や手順について見ていきましょう。

プロミスではいくつかの方法で増額を申し込むことができますが、大まかには次のような流れで申し込みから増額まで手続きが進みます。

プロミスで限度額を増額する流れ
  1. 増額の申し込み
  2. 仮審査
  3. 電話などでの追加事項の聞き取り
  4. 本審査
  5. 審査結果の通知(限度額の変更)

増額の申し込みは新規でカードローンを契約するよりも簡単です。すでに基本的な事項は会員情報として登録されているため、必ず必要なのは希望金額くらいでしょう。

ただし、以前審査を受けたときから勤務先や収入に変化はないか、連絡先は変わっていないか、増額を希望する理由などは電話によって追加で確認されることが多いです。

プロミスでは増額申込の方法として「会員ページ(インターネット)」「プロミスコール (電話)」「自動契約機」の3つが用意されています。

それぞれの方法について以下でもう少し詳しく説明していきます。

会員ページ(インターネット)からの申し込み

プロミスの会員ページにログインして、「ご利用限度額変更申込」のメニューから手続きする方法です。

インターネットからなので基本的に受付時間は0:00~24:00で、いつでもスマホやパソコンから増額を申し込めます。

希望金額によって増額手続きの流れが若干異なるので注意してください。

手続きの流れ 希望する金額(増額後の限度額)
50万円以下 50万円超
①申し込み ・希望金額の入力 ・希望金額を入力
・収入証明書を提出
②審査結果の確認 ・ネットで結果確認 ・審査完了メールを受信
・会員サービスで結果確認

※ 収入証明書を提出しなくても増額の審査受付は可能です。

希望する限度額が50万円以下は最短60秒(※1)というスピードで結果を通知してくれ、50万円超に関しても最短30分での審査回答です。(※1 最短60秒での審査回答には一定の条件があります。)

増額申請はインターネットが便利

インターネットからの増額申込なら来店なども必要ありません。特に少額の増額なら審査結果が出るのも早いため、プロミスの増額はインターネットから申し込みましょう。

プロミスコールに電話しての申し込み

プロミスのコールセンターでも増額の申し込みは可能です。プロミスコール、もしくは女性オペレーター専用ダイヤルのレディースコールへ電話しましょう。

ただし、プロミスコールでの増額の申し込みは、オペレーターの対応時間内に限られます。自動音声応答の時間は増額を申し込めません。そのため、プロミスコールから増額を申し込む場合、受付時間は平日の9:00~18:00です。

プロミスの自動契約機からの申し込み

プロミスの自動契約機では、すでに会員になっている方の契約内容の変更手続きもできるので、限度額の増額も申し込めます。

自動契約機の営業時間内に来店しましょう。

平日 9:00~21:00
土・日・祝日 9:00~21:00

※ 店舗によって営業時間が異なる場合もあります。来店の際は、公式ホームページで営業時間を確認するようにしてください。

プロミスの自動契約機から増額を申し込む場合、収入証明書も持参する方が無難です。審査内容によっては収入証明書がいりませんが、提出を求められたときに持っていないと出直したり、別の方法で提出したりしなければいけません。

わざわざ自動契約機に来店するメリットは少ないので、インターネットからの申し込みをおすすめします。

プロミスで限度額を増額するよりもほか消費者金融で借りる方が早い?

プロミスは会員ページにログインして増額を申し込む場合、かなりスピーディに審査結果を回答してくれます。

ですが、最短60秒や最短30分というのはあくまでも「最短」です。審査内容や申し込みの曜日・時間帯によっては、なかなか連絡が来ないというケースも出てくるでしょう。

基本的に増額は、新規申込時の審査よりも時間がかかる傾向にあるため、急いでいる人は別の消費者金融から借りることも検討してください。

例えば、以下のような大手消費者金融なら最短30分程度で審査結果を連絡してくれ、スムーズに進めば1時間ほどで借り入れできます。

新規申込を検討すべき大手消費者金融
消費者金融 金利(実質年率) 限度額 無利息期間
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円 あり
アイフル 3.0%~18.0% 1万円~800万円 あり
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万円~500万円 あり
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円 なし

※ 申し込みの時間帯などによっては即日融資を受けられない場合もあります。

※ 各社の無利息期間の適用には条件があります。

新規契約であれば無利息期間が適用されることもあり、実は、増額して借りるよりもお得なケースもあるのです。

また、増額の審査は限度額を見直す審査なので、「以前よりも収入が下がっている」「返済に遅れたことがある」などのマイナス要素があると、逆に減額されてしまうかもしれません。

今のプロミスの限度額への影響が気になる人も、ほかの消費者金融のカードローンを検討して良いでしょう。

おすすめ3社
プロミス

プロミス
30日間無利息

初回借入した日から30日間無利息なのはプロミスだけ。公式のスマホアプリを使うことで、銀行口座への入金も超便利!

アコム

アコム
審査回答最短30分

アコムの自動契約機に併設されているATMであれば24時間借入可能!楽天銀行口座を持っていると最短1分で振り込み

アイフル

アイフル
原則、電話確認なし

スマホアプリで、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで借入可能!WEB完結で電話なし・郵送物なしなので誰にもバレない

「そもそもプロミスの増額審査は厳しいの?」という点については、次章で詳しく説明します。

プロミスの増額審査は厳しい?増額が認められにくいケース

プロミスのカードローンにはじめて申し込むときには「20歳以上、69歳以下で安定した収入があること」が条件でした。

一方、増額に関しては条件が公開されていません。
そのため、新規申込よりもハードルは高く、どのような点が審査されるのかを理解していないと落ちてしまうでしょう。

例えば、次の項目に該当する人は、一般的に増額が認められにくいです。

  • 利用実績が足りない
  • 延滞の経験がある
  • 他社借入が増えている
  • 年収の減少などで返済能力が下がっている
  • 転職したばかりなど収入の安定性に懸念がある

利用実績が足りない

増額の審査で重要になることのひとつが利用実績です。

限度額の決定には返済能力だけでなく、信用も関係しており、利用実績は「この人はしっかりと返済してくれる」という判断に繋がります。

もし増額を申し込むタイミングが新規契約時から半年以内なら、信用を得られるほどの利用実績はできていないと考えてください。

契約後半年未満の増額申請は通らない

もちろん審査の結果、増額が認められる可能性もあるものの、利用実績としては心許ないでしょう。

延滞の経験がある

前述の信用の話とも関連しますが、プロミスで延滞の経験があると増額は難しくなります。

これは「返済に遅れたことのある人に増額を認めるのは危険」と判断されるためです。

特に直近6ヶ月~1年くらいの返済状況は影響しやすいので注意しましょう。

また、信用情報機関を経由して、プロミスは他社での返済状況も把握しています。プロミス以外での延滞も増額審査に関係すると思ってください。

他社借入が増えている

プロミスなどの消費者金融は総量規制の対象であり、年収の1/3超の融資が法律で禁止されています。

貸金業者から借りられるお金は年収3分の1まで

そのため、増額の申請があると、プロミスはほかの消費者金融で借りている金額も信用情報機関を通してチェックするのです。

総量規制に抵触しないようなケースでも、他社借入が増えている場合は増額を認められにくくなります。

年収の減少などで返済能力が下がっている

プロミスで限度額の増額を申し込むと、電話で年収などに変化はないか尋ねられるケースもあります。

会員情報に変更があったときは速やかに変更を届けないといけませんが、このような聞き取りもするのは、限度額を見直す上で年収の変化が重要だからです。

年収に変化がなくても、十分な利用実績があれば増額の可能性も出てくる一方で、年収の減少などで返済能力が下がっているなら増額は厳しいでしょう。

転職したばかりなど収入の安定性に懸念がある

勤続年数は収入の安定性と関連するので、一般的に転職したばかりのタイミングは増額が認められにくいといわれています。

特に転職によって年収が下がる、雇用形態が正規から非正規に変更になるといったケースは要注意です。

もし転職を考えているなら、職場が変わる前に増額を申し込んでおくと良いでしょう。後々、勤務先などの変更を届け出る必要はありますが、転職直後だと増額が難しいケースもあることは覚えておいてください。

プロミスの限度額を増額するときに知っておきたいこと

プロミスでの限度額の増額は会員ページから簡単に申し込めますし、審査結果によっては金利の引き下げなどのメリットも期待できます。

しかし、「ほとんど限度額が変わらなかった」「すぐに追加融資を受けられなかった」など思ったような結果にならないこともあるでしょう。

ここではプロミスの限度額を増額する上で、知っておきたいことをいくつか紹介していきます。

限度額はいくらまで増額できる?

プロミスのカードローンは、限度額が1万円~800万円です。増額申請の際には希望金額を伝えますが、必ずこの範囲での変更になります。

加えて、法律で返済能力を超えた融資は禁止されているため、利用者の返済能力に応じた金額になるように審査をするのです。この点は新規契約時の審査と変わりません。

また、プロミスは総量規制の対象なので、限度額が年収の1/3超になることもないです。他社借入がない場合、年収600万円だと限度額は最大でも200万円ということになります。

ただし、年収に大きな変化がないなら、増額できても10万円~30万円前後になるでしょう。初回契約時は低めの限度額になりやすいため、利用実績を作ることでも増額は期待できますが、やはり年収の影響はかなり大きいのです。

限度額を増額するときに収入証明書は必要?

プロミスは会員ページから増額を申し込む場合、50万円を超えるときは収入証明書が必要だとされています。

これは法律で1社から50万円超を借りる場合は、収入証明書も確認することが業者側に義務付けられているためです。(※ 他社借入との総額が100万円を超える場合も必要です。)

貸希望限度額が50万円を超える場合収入証明書の提出が必要

増額の申込自体は収入証明書がなくても受け付けてもらえますが、50万円超に契約内容を変更するときは提出しなければいけません。

そのため、あらかじめ以下のいずれかの収入の証明となる書類を手元に用意しておきましょう。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書(最新のもの)
  • 所得(課税)証明書(最新のもの) ※1
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分) ※2

※1 「収入額」と「所得額」の記載が必要です。

※2 賞与明細書がない場合は、直近2ヶ月分の給与明細書のみでかまいません。

限度額が増額されるまでにかかる時間は?

繰り返しになりますが、カードローンの限度額を増額する場合、新規で契約するよりも審査に時間がかかる傾向にあります。

少額の増額で、十分な利用実績があるケースなど一定条件下ではかなりスピーディに対応してくれますが、結局はケースバイケースです。

特に平日の夕方以降、土日の申し込みは審査に時間がかかりやすいと思ってください。増額申込の受付時間は申込方法によって異なるものの、基本的に審査は平日9:00~18:00です。

例えば、平日の午前中に申し込んでおけば、当日中に連絡が来て、増額してもらうことも十分に可能です。一方、それ以外のケースだと「なかなか審査結果の連絡が来ない」「審査結果の連絡が遅い」と感じることも多いでしょう。

増額の審査ではまた在籍確認が行われる?

プロミスの新規契約時の審査では在籍確認が実施されましたが、基本的に増額審査では、再度の在籍確認はありません。

ただし、電話などで勤務先や連絡先などに変更はないか確認されるケースはあります。

もし転職してから変更を届け出ていなかったなら、増額を申し込む前に連絡しておきましょう。

勤務先などの登録情報の変更は「会員サービス」「プロミスコール」「自動契約機」「店頭窓口(お客様サービスプラザ)」で受け付けています。

プロミスから届く増額案内とは?

プロミスのサービスを長く利用している場合、「限度額を増額しませんか?」という案内がメールなどで届くこともあります。

これは増額案内と呼ばれるもので、一定条件を満たしているユーザーにプロミスが送るものです。

増額案内が届く基準に関しては公開されていませんが、「直近に延滞がないこと」「契約から1年以上が契約していること」「総量規制に該当しないこと」などが一般的な基準になるでしょう。

増額案内なしでも増額の審査を受けることはできます。ですが、一定の基準を満たしている人に対しては案内が送られるため、案内を受け取っていない場合は増額が難しいケースも多いのです。

実際の審査は増額の申し込み後ですが、案内を受け取っているなら通常よりも増額が認められやすいと思ってください。

プロミスの増額審査に落ちたときの対処法

プロミスに限らず、最初に決まった限度額を増額するのは、簡単ではありません。プロミスの増額審査に落ちたときは、どうすれば良いのでしょうか?

増額の申し込みに回数制限はないため、再度増額審査を受けることもできますが、審査でプラスになるような要素がなければ結果は一緒です。

そのため、増額審査に落ちたときは、別の消費者金融で借りられないか検討してください。

即日融資を受けたい人、また無利息期間で借りたい人審査に自信のない人には大手消費者金融がおすすめです。

また、消費者金融に比べて審査は厳しいといわれていますが、より良い条件で借りたい人、急いでいない人には銀行やクレジットカード会社のカードローンも選択肢になります。

プロミス以外のおすすめカードローン
消費者金融 アコム
アイフル
レイクALSA
SMBCモビット
銀行カードローン 三菱UFJ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
三井住友銀行 カードローン
信販系カードローン 三井住友カード カードローン

まとめ

プロミスは会員ページにログインすれば、「ご利用限度額変更申込」のメニューから来店不要で増額を申し込めます。

最短で申し込みの当日に増額してもらうこともでき、すぐ追加で借り入れしたいときも便利です。

ただし、新規申込時よりも審査に時間がかかるケースは多いですし、そもそも増額審査に通るのも簡単ではありません。

そのため、急いでいる場合、増額審査に落ちた場合などは別の消費者金融のカードローンで借りると良いでしょう。

最後にプロミスで限度額を増額する際のポイントをまとめます。

  • 増額は「会員ページ」「プロミスコール」「自動契約機」から申し込める
  • 会員ページからの申し込みなら来店不要
  • 増額の審査対応は基本的に平日9:00~18:00
  • 増額審査の結果連絡は最短で当日
  • 増額によって金利が下がる可能性もある
  • 増額の審査では収入証明書が必要な場合もある
  • ほかの消費者金融で借りる方が良いケースもある

ほかの消費者金融のカードローンを新規で契約するのであれば、再び無利息期間を利用することもできます。

プロミスの限度額を増額するよりメリットが大きい場合もあるため、あわせて検討してみてください。