アコムのカードローン審査において避けられないのが在籍確認です。在籍確認とは申込者の勤務状況を確認する作業であり、たいていはカードローン審査の終盤で行われます。

アコムの審査を受ける上で「在籍確認が不安なので免除して欲しい」という人は多いですが、在籍確認なしでアコムの契約ができる裏技のようなものは存在するのでしょうか?

この記事ではアコムの審査で行われる在籍確認について分かりやすく解説していきます。

職場にバレないための対策も紹介するので、「アコムで借りたいけど、職場に知られるのは絶対にイヤ!」という方はぜひ参考にしてください。

アコムの審査で在籍確認をなしにすることはできる?

カードローンの審査で在籍確認が行われるのは、返済能力の有無をチェックするためです。

アコムの申込条件には次の3つがあり、1つでも満たしていないものがあると審査に通りません。

  1. 申し込み時に20歳~69歳であること
  2. 安定した収入と返済能力を有すること
  3. アコムの審査基準を満たすこと

在籍確認は②「安定した収入と返済能力を有すること」をチェックするのに重要な審査になります。そのため、在籍確認を完全に免除してもらうことはできないのです。

これはアコムに限った話ではなく、カードローンの審査において在籍確認は基本的に避けられないものだと思ってください。

中には「会社にカードローンのことは絶対に知られたくない!」という人もいるでしょう。

実は、アコムの在籍確認でカードローンの申し込みが会社にバレる可能性は低いです。

また、在籍確認そのものの免除は不可でも、電話確認ではなく書類提出で勤務状況を示せばバレる心配はありません。

在籍確認の方法、バレにくい理由、職場バレが心配な場合の対策については次章以降で詳しく説明していきます。

アコムの審査で行われる在籍確認の方法とタイミング

まず、アコムは在籍確認をどのようにするのか、審査のどのタイミングで行うのかを押さえておきましょう。

アコムの在籍確認は「電話」で行われる

アコムでは在籍確認を電話で行っています。

担当者が申込者の勤め先へ電話をかけて、本当に働いているのかを確かめるのです。
アコムだけでなく在籍確認の方法は基本的に電話だと思って良いでしょう。

在籍確認で聞かれる内容

「どんなことを聞かれるんだろう?」と不安に思っている人もいるでしょう。在籍確認で電話がかかってくるからといって、特に身構える必要はありません。

電話内容は簡単な本人確認くらいです。また、申込者の勤務状況が分かれば本人に代われなくても問題ないのです。

申込者が電話に出た場合、申し込みフォームに入力した電話番号や生年月日、住所などを聞かれることもありますが、電話自体は数分で終わります。

在籍確認の電話がかかってくるのは審査完了の直前

申込方法や契約方法などによって手順に違いはありますが、インターネットから申し込む場合、次のような流れで契約手続きは進みます。

  1. アコムホームページから申込内容の入力
  2. メールで届く案内に従って必要書類を提出
  3. 審査完了後、「契約手続きのお願い」メールを受信
  4. メールから契約内容の確認と同意の手続き

※ 契約内容の同意はメール送信日の22時までに行ってください。

アコムの場合、③の審査完了までは最短で30分です。そして、たいてい在籍確認はこの審査完了の直前に実施されます。

「いつ電話がかかってくるんだろう?」と不安な人もいると思いますが、スムーズに審査が進めば申し込みから30分以内に電話があると考えてください。

また、カードローンの申し込み後、本人確認や申込内容確認の連絡が携帯電話に入ることもあります。

その際に、「これから在籍確認の電話をします。」ということが伝えられ、担当者が勝手に電話をかけて在籍確認するわけではありません。

申込者の同意なしで会社に連絡が入ることはないので安心です。

アコムから在籍確認の電話が入っても職場にバレない理由

前述のとおり、アコムからの在籍確認の電話で職場に借り入れがバレる可能性は低いです。

それには次のような理由があります。

  1. 個人名だけで会社名は名乗らない
  2. 本人以外に「在籍確認」だとは伝えない
  3. 原則非通知の番号で発信する

アコムが申込者のプライバシーを守るために行っている工夫を確認していきましょう。

1. 個人名だけで会社名は名乗らない

アコムが在籍確認のために電話をかける場合、会社名は名乗りません。

「アコム株式会社の◯◯ですが」と名乗ってしまうとカードローンだとバレる可能性が高いため、必ず「◯◯と申しますが」のように個人名だけを名乗るのです。

電話を受けた相手が「どちらの◯◯様でしょうか?」のように尋ねたとしても、会社名を名乗ることはなく、上手く話を進めてくれるので安心してください。

2. 本人以外に「在籍確認」だとは伝えない

在籍確認の目的は働いているかのチェックですが、申込者以外に「在籍確認のために電話した」といった内容を伝えることはありません。

「△△さんという方はそちらで働いていますでしょうか?」のように聞いてしまうといかにも怪しい電話です。

そのため、ただ「△△さんはいますでしょうか?」「△△さんをお願いいたします。」などと伝えて取り次ぎを求めます。

3. 原則非通知の番号で発信する

アコムからの在籍確認の電話は原則非通知の番号で発信されます。非通知にすることで番号から発信元を調べられたり、リダイヤルでかけ直されたりする心配もありません。

ただし、非通知からの着信を拒否している職場の場合だと在籍確認できないので、発信専用の番号を使ってかけることもあるようです。

アコムの在籍確認で「職場にバレるかも」と心配な場合の対策

アコムの在籍確認で借り入れがバレない理由を確認してきましたが、残念ながら「絶対にバレない!」とは断言できません。

そのため、よりバレにくくするためには次のような対策も試してみてください。

  • 書類提出による在籍確認を相談する
  • 電話の時間帯などを指定する
  • 怪しまれないような言い訳を考えておく

書類提出による在籍確認を相談する

アコムでは基本的に在籍確認を電話で行いますが、事前に相談しておけば書類提出で対応してくれるケースもあります。

「職場環境的に電話での確認が難しい」「電話だとバレてしまわないか不安」といったときは、書類提出で対応してもらえないか確認してみてください。インターネットから申し込みをしたら、すぐにコールセンターに電話をして相談すると良いでしょう。

勤め先と勤務状況を確認できる「社会保険証」「社員証」「給与明細」などを提出することで、担当者の判断次第では電話連絡なしで手続きを進めてもらえます。

この方法は会社が休みで電話による在籍確認ができないケースにも有効です。

電話の時間帯などを指定する

また、電話による在籍確認だとしても時間帯などを指定することでバレにくくなります。細かすぎる時間指定は難しいものの、だいたいの時間帯は指定できる場合が多いです。

取り次ぎでバレるのが心配なら確実に自分で電話を取れる時間帯を指定しましょう。

一方、アコムの担当者との会話に不安がある人は、申込者本人が不在のタイミングを指定すると良いです。

電話を受けた同僚から「△△は本日休みです。」などの勤務状況の分かる返答があれば本人不在でも在籍確認は行えます。

電話をかける担当者の性別なども相談できるので、不安や要望があるときはコールセンターに連絡を入れてください。

怪しまれないような言い訳を考えておく

電話の取り次ぎ、担当者との会話からカードローンに申し込んだとバレる可能性は低いです。

しかし、非通知であることや会話内容から「何の電話だろう?」という疑問を抱かれる可能性はあります。

そこで、周りに怪しまれないように言い訳を考えておきましょう。
例えば、「どこからの電話だったんですか?」と聞かれたら「クレジットカードを作ったので、その確認の電話でした。」と答えれば怪しまれません。

クレジットカードの審査でもアコムと同じような在籍確認を行うことがあり、このように答えておくのが無難です。

どうしてもアコムからの在籍確認が不安な人におすすめのカードローン

カードローンの審査において基本的に在籍確認は避けられません。ですが、大手消費者金融の中にはアコムよりも電話連絡をなしにしやすいカードローンがあります。

「プライバシーに配慮してくれるといってもやっぱり不安!」というときは、SMBCモビットとアイフルもあわせて検討してください。

SMBCモビットはWEB完結申込だと勤め先への電話連絡がなく、アイフルは原則電話連絡なしとしています。

カードローン 金利(実質年率) 限度額
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル 3.0%~18.0% 1万円~800万円

比較のためにアコムも表に入れましたが、金利と限度額に差はありません。

以下では電話連絡をなしにするための条件、アコムとの違いについて説明していきます。

SMBCモビット(WEB完結申込)

SMBCモビットには「WEB完結申込」という申込方法があり、条件を満たせば電話連絡なしで利用可能です。(※ 条件を満たしていない場合、「カード申込」による申し込みになります。)

また、WEB完結申込は完全にカードレスでの利用になるため、契約機への来店、郵送物の受け取りも必要ありません。SMBCモビットには無利息期間がない点はデメリットになるものの、これらがアコムとの大きな違いになります。

ただし、提出する書類のひとつに社会保険証、もしくは組合保険証が指定されており、パート・アルバイト、自営業者の方は利用できないケースもあるので注意しましょう。

アイフル

アイフルでは基本的に電話以外の方法で在籍確認しており、「原則電話連絡はなし」となっています。

そのため、コールセンターで相談しなくても、会社への電話連絡なしで審査を進めてくれる場合もあるのです。

アコムと比較した場合、アイフルはカードレスで利用できる点が異なります。(カードはあとから発行することも可能です。)

契約手続きの際に、カードの受取方法で「カードレス」を選べば、カードを郵送で受け取ったり、自動契約機で手続きしたりする必要はありません。契約の際に口座振替の登録(金融機関での取引時確認が完了しており、その記録が保存されている場合に限る)も必要になります。

また、アイフルはインターネットからの振込融資だけでなく、スマホアプリを使ってコンビニATM(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM)でキャッシングすることも可能です。

アコムからの在籍確認はどこに電話がかかってくる?

在籍確認ではアコムの担当者から電話がかかってくるわけですが、雇用形態によって連絡先は異なります。

本人確認や申込内容の確認については携帯電話への連絡になる一方で、在籍確認は勤務先、人によっては自宅です。

担当者は申し込みフォームの情報をもとに連絡するので、入力する電話番号を間違えないように注意しましょう。

少し注意が必要な「出向社員(正社員)」「パート・アルバイト」「学生」「派遣社員」「個人事業主(自営業)」の5つのケースの連絡先について以下で説明していきます。

出向社員(正社員)

出向している人は、出向元に在籍確認の電話がかかってきます。後述する「パート・アルバイト」や「派遣社員」と異なり、実際に自身が働いている場所ではないので注意してください。

これは出向元でも十分に在籍確認が取れるためだと考えられます。

また、出向先の電話番号、会社名、所属部署が任意項目なので、必要に応じて入力するようにしましょう。

パート・アルバイトの場合

パートもしくはアルバイトで勤務している場合には、実際に自分が働いている場所(店舗など)の連絡先を入力しましょう。

コンビニやレストランなど店舗とは別に本社があることも多いですが、在籍確認における連絡先は勤務地になります。

アコムの場合、勤務先電話番号を入力することで企業データベースにて自動的に検索がかかります。ただし、データベースに該当する情報がないケースもあるため、その際は手動で会社名などを入力してください。

また、任意で所属部署も入力できます。電話を取り次いでもらう都合上、所属部署がある人は入力しておくとスムーズでしょう。

学生の場合

アコムは学生でも条件を満たしていれば申し込みは可能です。勤務形態に「学生(アルバイト等)」があるので、それを選択してください。

学生もパート・アルバイトと同じように実際に働いている店舗や会社に連絡が来ます。

学生の場合、外部から自分宛に電話がかかってくるケースは少ないでしょう。

「電話に代わるのも不安」というときは、自身のシフトが入っていない日に申し込みをして、本人不在で在籍確認を済ませるのもひとつの手です。

派遣社員の場合

派遣社員として働いている方は、「派遣元」の電話番号を入力してください。

ただし、任意項目として派遣先の電話番号、会社名、所属部署も入力できます。派遣元での確認に不安がある場合は、派遣先についても入力しておくと良いでしょう。

個人事業主(自営業)の場合

個人事業主(自営業)の方は、勤務形態で「個人経営」を選択します。事業所が在籍確認の連絡先になりますが、個人事業主だと自宅で仕事をしている人もいるでしょう。

そのような場合は、自宅の電話番号や携帯電話の番号を入力してください。

ただ、在籍確認は「働いているか」(安定収入があるか)のチェックであるため、個人事業主は事業内容や収入についての聞き取りがあったり、収入証明書の提出を求められたりすることが多いです。難しい質問をされるわけではありませんが、本人確認・申込内容確認のタイミングで確認されるでしょう。

土日や祝日もアコムは在籍確認を行ってくれる?

在籍確認は審査の対応時間内で行われ、アコムの場合は21時までです。

平日以外も21時までは審査対応をしてくれるため、土・日・祝日も即日融資を受けられます。(※ 申し込みの時間帯などによっては翌日以降の連絡になります。)

「平日の日中は仕事で忙しい」という場合、仕事終わりの夜間、もしくは休日に申し込みをする人もいるでしょう。ただし、勤め先の休業日、全員が退勤した夜間帯の申し込みには注意が必要です。

アコムの審査対応時間内であっても、在籍確認先に人がいなければ電話による勤務状況の確認はできません。そのため、申し込みは後回しにせずに、インターネットから早めに済ませるようにしてください。

もし電話による在籍確認が難しい時間帯の申し込みで、かつ即日融資も希望するなら、ネット申し込み後、コールセンターで相談するのがおすすめです。

電話以外の方法で在籍確認が可能であれば、職場に人のいないタイミングでも審査を進めてもらえます。

在籍確認が原因でアコムの審査に落ちることはある?

アコムは在籍確認を審査の終盤で行いますが、まだ審査が完了したわけではありません。そのため、在籍確認が原因でアコムの審査に落ちてしまうケースもあるのです。

例えば、以下のようなケースでは在籍確認が取れたことにならず、審査に落ちたり、確認の連絡が入ったりします。

  • 連絡先で明確に在籍を否定された
  • 勤務先に何度電話をしても繋がらなかった
  • 本人不在で同僚からも勤務状況の分かる返答がなかった
  • 申込者が長期休暇を取っていた
  • 申込者が休職中だった

在籍確認は返済能力を確認する重要な審査なので、電話が繋がらないだけでなく、安定収入があると判断できないような場合も審査に落ちるのです。

また、入力した電話番号が間違っていると、審査に時間がかかる原因になります。申し込みを完了する前に間違いがないかしっかりと見直して、不安があるならコールセンターで確認しましょう。

まとめ

アコムの審査において在籍確認は必須なので、在籍確認そのものをなしにすることはできません。

しかし、申込者の勤務先に電話をかける場合、アコムはプライバシーに配慮してバレないように工夫してくれます。また、電話による確認が困難なときは、書類提出で勤務状況を確認してもらえないか相談すると良いでしょう。

  • 在籍確認を免除してもらうことはできない
  • 在籍確認の電話は担当者の個人名でかかってくる
  • 電話による在籍確認が難しいときは事前に相談しておく
  • 本人不在でも在籍確認は行える
  • 職場に人がいない休みの日の在籍確認に注意する

在籍確認はカードローンの審査以外でも行われるものなので、会社に電話がかかってくるとしても過度に心配する必要はありません。

申込者が借り入れについて知られたくないということはアコムも把握しています。職場にバレないように確認してくれますし、職場環境などで個別の事情があるなら相談も可能です。

在籍確認でアコムの利用が職場にバレる可能性はとても低いので安心して申し込んでください。