レイクALSAの金利をシュミレーション

レイクALSAは選べる無利息期間が大きな特徴のカードローンですが、「金利は高いの?」「利息はいくらになるの?」という不安もあると思います。

特にはじめてカードローンを利用する場合、無理なく返していけるのかは気になるところでしょう。

そこでこの記事ではレイクALSAの金利と利息についてまとめました。

レイクALSAの金利はどのように決まるのか、ほかのカードローンと比較すると金利は高いのか、どうすれば利息の負担を軽減できるのかなどを分かりやすく説明していきます。

また、「レイクALSAでお金を借りたらどのくらいの利息になるのか」をシミュレーションした結果もまとめています。

金利、利息に不安があってレイクALSAの申し込みを迷っているという方はぜひ参考にしてください。

レイクALSAの金利と適用利率の決まり方

まずはレイクALSAの金利と適用される利率の決まり方について見ていきましょう。

レイクALSAのカードローンは金利年4.5%~18.0%です。

幅があるのはこの範囲内で決まるという意味で、人によって適用される利率は違います。

基本的に限度額に応じて適用利率は変わりますが、同じ限度額でも金利が異なることもあるのです。

ちなみに、カードローンの金利は利息制限法にもとづき、元金が100万円以上になるときは必ず年15.0%以下になるように設定されます。

グレーゾーン金利のあった頃からお金を借りていた場合、過払い金が発生していて、返還請求できるケースもあります。

ただし、法律が改正された現在は、過払い金が発生するような金利での貸し付けは行われていません。

「消費者金融の金利は高い」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、違法な金利ではないので安心してください。

大手消費者金融を選ぶと安心

限度額によって異なる金利の決まり方

前述のとおり、レイクALSAのカードローン金利は年4.5%~18.0%で、適用される利率もその範囲内で決まることになります。

また、レイクALSAの場合は200万円という契約限度額を基準に金利の決まり方が異なります。

より詳細な金利の決まり方が公表されているので、「200万円以下の場合」「200万円超の場合」に分けて確認していきましょう。

200万円以下の場合

レイクALSAでの契約限度額が200万円以下のケースでは、基準残高(契約期間中の借入残高の最大額)によって適用される利率が変わってきます。

ほとんどの人は100万円未満の限度額になるので、基本的には基準残高1円~999,999円のときの適用利率を参考にすると良いでしょう。

基準残高 適用利率
1円~999,999円 年15.0%~18.0%
1,000,000円~2,000,000円 年12.0%~15.0%

ポイントは限度額200万円までだと、限度額ではなく、借入残高で利率が変わるという点です。

例えば、最初に限度額100万円で契約して、10万円を借りたとしましょう。そのときの利率は年15.0%~18.0%の範囲で決まります。

一方、契約直後、いっきに限度額いっぱいの100万円を借りた場合は、基準残高が100万円以上になるため、適用利率は年12.0%~15.0%です。

適用利率は基準残高が表の額に達したその日に変更されます。そして、一度変更された利率は、たとえ返済によって基準残高が100万円未満になっても戻ることはありません。

200万円超の場合

次は契約限度額が200万円を超えるケースです。この場合は契約限度額によって適用される利率が変わります。

契約限度額 適用利率
2,000,001円~3,000,000円 年9.0%~15.0%
3,000,001円~4,000,000円 年7.0%
4,000,001円~5,000,000円 年4.5%

借入残高の影響はなく、契約限度額だけで利率が決まるため分かりやすいでしょう。

300万円までは年9.0%~15.0%の範囲で利率が決まりますが、それ以降は限度額ごとに一律の金利が設定されています。

金利が高いといわれることもある消費者金融も、限度額次第では十分に低い利率になるのです。

レイクALSAの新規契約者向け選べる無利息期間

レイクALSAのカードローンは、通常、借り入れの翌日から利息が発生します。ただし、レイクALSAには新規契約者向けの特典があり、初回契約の翌日から一定期間は利息が発生しません。

はじめて利用する場合は、お金を借りてもすぐに利息が発生するわけではないのです。

レイクALSAには次のような選べる無利息期間があるので、自分に合った方を選択しましょう。

  1. 60日間、全額が無利息(Web申込み限定)
  2. 180日間5万円まで無利息

※ レイクALSAとはじめて契約する方で、かつ契約限度額200万円以下の方が対象です。200万円を超える場合は「30日間、全額が無利息」となります。

※ 無利息期間の経過後は、通常の金利が適用されます。また、それぞれの特典の併用はできません。

レイクALSAは2つの無利息期間からどちらかを選べる

期間中は無料で借り入れでき、発生する利息は0円です。

対象となるのははじめて契約する人だけですが、上手く活用すれば利息の負担は大きく軽減されるでしょう。

適用利率を確認する方法

レイクALSAのカードローンを契約している方は、現在の適用利率を会員ページから確認できます。金利にはいくつかの調べ方がありますが、会員ページから確認するのがもっとも簡単です。

レイクALSAの会員ページにアクセスしたら、「カード番号・会員番号」「カード暗証番号」「生年月日」を入力してログインしてください。

会員ページへのログイン後、契約内容のメニューで適用されている金利が分かります。

また、レイクALSAの公式スマホアプリ「e-アルサ」でも確認できるので、ダウンロードしておくと良いでしょう。

滞納時の遅延損害金

カードローンを利用する際に注意したいのが滞納(延滞)です。滞納時は通常の金利よりも高い遅延利率で利息が計算され、それによって生じる賠償金は「遅延損害金」と呼ばれます。

レイクALSAの場合、滞納時の金利は年20.0%です。さらに、遅延損害金により負担が増すだけでなく、滞納は信用情報にも登録されるため注意してください。

登録された情報はクレジットカードやローンの審査で利用されるため、しばらくはそれらの審査に通りづらくなるでしょう。

レイクALSAの利息はいくらか返済シミュレーション!利息の計算方法とは?

レイクALSAのカードローンを利用したときに、いくらの利息が発生するのでしょうか?

まず、1日分の利息に関しては、次のような計算方法になります。

元金 × 金利(実質年率) / 365日 = 利息

消費者金融の金利は実質年率という形式で記載されていて、「1年間借りたときの割合」を指しています。そのため、元金に金利をかけた後に、365日で割れば1日分の利息になるのです。そして、上の式に借入日数をかけると、その日数分の利息が分かります。

一例として、「10万円を金利年18.0%で30日間借りた場合」を計算すると以下のようになります。

10万円(元金)× 18.0%(金利)×30(借入日数)/ 365日=1,479円

ただし、レイクALSAは「残高スライドリボルビング方式」もしくは「元利定額リボルビング方式」という返済方式で、どちらも原則月に1回の返済(約定返済)が必要です。

返済によって元金の部分が変動し、上の計算方法だとズレが生じてしまうため、より実際の金額に近い金額を知るには返済シミュレーションをしましょう。

ここでは10万円、30万円、50万円、100万円の金額別に利息のシミュレーション結果をまとめました。シミュレーションの結果なので金額、日数などは実際の数字と異なる場合があります。また、レイクALSAをはじめて契約する場合で、残高スライドリボルビング方式による返済のシミュレーションです。

レイクALSAで10万円を借りた場合の利息(金利年18.0%)

10万円を借りる場合の利息は次のようになります。

無利息の種類 月々の返済額
(最終回の返済額)
返済期間 利息の合計額
60日間無利息
(Web申込み限定)
4,000円
(1,274円)
31ヶ月 21,274円
5万円まで180日間無利息 4,000円
(3,108円)
30ヶ月 19,108円

毎月4,000円ずつ返済していくと約2万円の利息になります。この月々の返済額は基準残高が10万円以下のときの最低返済額です。

多めに返済する分には自由なので、少額借入でも余裕があるなら多めに返していくと良いでしょう。

レイクALSAで30万円を借りた場合の利息(金利年18.0%)

次は30万円を借りる場合のシミュレーションです。

無利息の種類 月々の返済額
(最終回の返済額)
返済期間 利息の合計額
60日間無利息
(Web申込み限定)
12,000円 31ヶ月 63,862円
5万円まで180日間無利息 12,000円 31ヶ月 70,623円

借りる金額が大きくなると、負担する利息も増えます。また、月々の返済額も増加するので、無理なく返していけるかよく確認しておきましょう。

レイクALSAで50万円を借りた場合の利息(金利年18.0%)

50万円を借りるときの利息は以下のようになります。

無利息の種類 月々の返済額
(最終回の返済額)
返済期間 利息の合計額
60日間無利息
(Web申込み限定)
14,000円 50ヶ月 186,421円
5万円まで180日間無利息 14,000円 51ヶ月 207,481円

レイクALSAの場合、基準残高が40万円超~50万円以下だと毎月14,000円の返済です。

どちらの無利息期間を選ぶかによって利息の合計だけでなく、返済期間も変わってきます。基本的に借入金額が大きいときは、60日間の特典を選んだ方が良いケースが多いでしょう。

レイクALSAで100万円を借りた場合の利息(金利年15.0%)

最後は100万円を借りる場合の利息です。

無利息の種類 月々の返済額
(最終回の返済額)
返済期間 利息の合計額
60日間無利息
(Web申込み限定)
27,000円 49ヶ月 300,206円
5万円まで180日間無利息 27,000円 50ヶ月 337,461円

先ほど見たとおり、基準残高が100万円以上になるため金利は年12.0%~15.0%(限度額が200万円以下の場合)になります。

上の表でも年15.0%の金利で計算していますが、いずれも利息は30万円程度です。金利が下がっても利息の負担は大きいですし、月々の返済額も増えます。

また、返済の途中で追加借入するケースだと、表以上の負担になるでしょう。月々の返済額だけでなく、最終的な利息も計算に入れて返済計画を立ててください。

レイクALSAの金利は高い?主要カードローンとの比較結果

ここからはレイクALSAの金利は本当に高いのか主要なカードローンと比較していきましょう。

比較は大手消費者金融と銀行カードローンに分けて行いました。

レイクALSAと他の大手消費者金融と比較した場合

最初は大手消費者金融と比較した場合です。

消費者金融カードローン 金利(実質年率) 限度額
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万円~500万円
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アイフル 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円

ほとんどの大手消費者金融は上限金利がレイクALSAと同じく年18.0%です。そのため、上限金利に関しては平均的だといえます。

一方、下限金利は年3.0%の消費者金融が多いため、レイクALSAの年4.5%はやや高めでしょう。ですが、下限金利は最大限度額で契約できるような場合でないと適用されません。

下限金利になるケースはほぼないので、特に注意しなければならないようなデメリットでもないでしょう。適用される利率は審査の結果次第ですが、はじめて契約するときは上限金利になると思ってください。

カードローンの上限金利と下限金利

レイクALSAとプロミス アコム アイフル SMBCモビットの比較
人気のおすすめ消費者金融

銀行カードローンと比較した場合

銀行カードローンは非常に数が多いですが、その中から主要な商品を表にまとめました。

銀行カードローン 金利 限度額
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~14.6% 10万円~500万円
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 10万円~800万円
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8% 10万円~800万円
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5% 10万円~800万円
三井住友銀行カードローン 年1.5%~14.5% 10万円~800万円

レイクALSAと比較すると上限金利、下限金利の両方が低めの傾向にあると分かります。

前述のとおり、特に上限金利が重要です。数十万円~100万円以上の借り入れを予定しているなら、できるだけ金利を重視してカードローンは選びましょう。

借入金額が大きいと利息は増えやすく、返済も長期にわたりやすいです。

一方、少額借入を比較的短期で完済するときは、消費者金融でも利息の負担は想像より軽いでしょう。

例えば、10万円を30日間借りた利息は、年18.0%と年15.0%で250円ほどの差にしかなりません。もちろん金利も重要ですが、「無理なく返せるか」「負担は重くないか」は利息で判断してください。

レイクALSAで金利を下げる・利息を軽減する方法

レイクALSAの金利と利息について見てきましたが、実は、以下のような方法で金利を下げたり、利息を軽減したりすることも可能です。

  • 利用実績を積んだことによる金利の引き下げ
  • 限度額を増額することでの金利の引き下げ
  • 自分にあった無利息期間の選択
  • 約定返済以外の増額返済、追加返済

場合によって大きな差が生まれることもあるので、これらの方法をしっかりと押さえておきましょう。

利用実績を積んだことによる金利の引き下げ

カードローンの金利は、契約中ずっと一緒というわけではありません。

レイクALSAの場合、公式ホームページに「お客さまのご利用状況により、利率の見直しや優遇金利の適用がございます」と記載されています。

返済日に遅れることなくカードローンの利用実績を積んでいれば、優良顧客と判断され、金利を引き下げてもらえるケースもあるのです。

限度額を増額することでの金利の引き下げ

金利は限度額を増額することでも変更されるケースがあります。レイクALSAの場合、増額の案内は会員ページ内に表示されたり、メールで連絡が来たりします。

その時点では「増額を検討できる」という案内なので、限度額を上げてもらうためには審査を受けましょう。最新の収入証明書を用意した上で、会員ページから増額審査を申し込んでください。

ただし、限度額が上がっても、金利は据え置きというケースもあるので、その点については覚えておきましょう。

自分にあった無利息期間の選択

選べる無利息期間はレイクALSAの大きな特徴ですが、どちらを選択するかで利息の負担は変わってきます。

先ほどのシミュレーションで見たように、無利息期間の内容によって数万円の差が付くケースもあるのです。

どちらがお得になるのかは「いくら借りるのか」「何ヶ月で完済するのか」などによって変わってきます。

レイクALSAのホームページへ行けば、返済シミュレーションもできますし、どちらがお得か分かる早見表も用意されています。

カードローンの申し込みをする前に、どちらの特典が自分に合っているのかを確認しておくと良いです。

ただし、追加借入によって変わる場合もあるので、あくまでも目安だと考えてください。また、無利息期間中も毎月の返済はあり、滞納してしまうとその時点で無利息期間は終了になることも覚えておきましょう。

無利息で借りられる消費者金融カードローン

約定返済以外の増額返済・追加返済

レイクALSAは返済方式によって決まった金額を毎月返済(約定返済)していきますが、それ以上の金額を支払うことも可能です。

元金を早く減らすことで、発生する利息も減るので効率的に返済できます。そのため、約定返済以外に増額返済や追加返済も行いましょう。

レイクALSAでは契約者一人ひとりの都合の良い日を返済日に指定でき、その日付の14日前から当月分の返済を行えます。

ただし、15日以上前の返済に関しては「前月分への追加返済」という形で扱われるので注意してください。当月分の返済には含まれず、それとは別に今月の約定返済が必要です。

レイクALSAの金利が高いと思ったら途中から銀行カードローンで借り換えるのも有効

金利だけを見ると銀行カードローンは非常に魅力的ですが、その分、審査基準は厳しめになります。また、銀行カードローンは即日融資に対応しておらず、審査に時間がかかることも多いです。

銀行カードローンは審査が厳しい

「低金利が良いけど、審査に落ちたり、利用までに時間がかかったりするのは嫌だな…」

このような場合、まずはレイクALSAのカードローンで借りて、後々、銀行カードローンで借り換えるという選択肢もあります。

最初は無利息期間を利用することで返済の負担を抑え、途中からは低金利な銀行カードローンで借り換えることで金利を下げるのです。

もちろん、借り換える際にも審査はありますが、このような方法があることも覚えておきましょう。

まとめ

レイクALSAの金利は消費者金融の中では平均的な水準だといえます。ただ、選べる無利息期間があるので、それを上手に活用すれば負担は軽減できるでしょう。

人によって「60日間、全額が無利息」(Web申込み限定)「180日間5万円まで無利息」のどちらがお得かは異なります。

この記事やレイクALSAの公式ホームページなどを参考にどちらが良いのか決めてください。

最後にレイクALSAの金利、利息に関するポイントをまとめます。

  • レイクALSAの金利は年4.5%~18.0%の間で決まる
  • 契約限度額200万円を基準に金利の決まり方が変わる
  • 初回契約者は上限金利(年18.0%)になることが多い
  • 選べる無利息期間で返済の負担は軽減可能
  • 増額返済や追加返済をすることで利息の負担は減らせる

レイクALSAの金利は銀行カードローンと比較すると高めです。しかし、少額借入なら利息の差は小さく、多くの銀行カードローンには無利息期間がありません。

大きな金額を借りたり、長期で返済プランを立てたりするようなケースでないなら、レイクALSAも十分にお得でしょう。

返済シミュレーションを利用すると利息の目安が簡単に分かるので、無理のない範囲でカードローンを利用してください。