モビットの即日融資を受ける方法

SMBCモビットは即日融資も可能な大手消費者金融のカードローンのひとつで、申し込みの当日にお金を借りることができます。

「すぐに現金が必要!」
「明日までに口座にお金を用意したい!」

このような緊急性の高いケースでも、SMBCモビットなら対応可能なのです。

ただし、カードローンの契約には審査があるため、申し込みの時間帯や審査の進捗状況によっては即日融資を受けられません。

SMBCモビットで即日融資を受けたい場合、手続きは何時までに行えば良いのでしょうか?

この記事では、SMBCモビットで即日融資を受けるための方法について説明していきます。

また、即日融資の可能性を上げるためのコツもあわせて紹介するので、今日・明日中にお金を借りたい方はぜひ参考にしてください。

SMBCモビットで即日融資を受けられるのは何時まで?

SMBCモビットに限らず、カードローンは申し込み後、審査を経て、契約という流れになります。

まずは申し込みをしないといけませんが、即日融資のためには遅くとも20時までに済ませてください。20時を過ぎてからの申し込みだと即日融資を受けられない可能性が高いです。

SMBCモビットの審査受付時間

SMBCモビットの審査受付時間は9時~21時までです。

インターネットからの申し込みの場合、審査結果はメールや電話で回答されますが、基本的に連絡が来るのも21時までになります。

審査業務の時間内に審査が完了しなかったとき、21時を過ぎてから申し込んだときは、翌日9時以降の連絡になると思ってください。

即日融資は受けられないものの、ネットから申し込んでおけば翌日スムーズに借り入れできるでしょう。

SMBCモビットの審査回答にかかる時間

SMBCモビットでは審査回答にかかる時間を「最短30分」としています。ですが、最短30分で審査結果が分かるからといって、20:30に申し込んだのでは間に合いません。

先ほども説明しましたが、カードローンは審査の後に契約の手続きも必要です。その手続きにも30分程度はかかるため、即日融資を受けるなら、審査受付終了の1時間前である20時には申し込みを済ませましょう。

申し込みはネットから早い時間帯に済ませる

ちなみに、SMBCモビットはパソコンとスマホからの申し込みの場合、申込画面の途中で簡易審査結果を確認できます。ただし、これは簡易審査結果であり、その後、メールや電話で正式な審査結果回答となるのです。

この審査結果回答までが最短30分なので注意してください。簡易審査に通過しても、すぐに借り入れできるわけではありません。

SMBCモビットの営業時間

SMBCモビットで即日融資を受けるためには、まずは審査受付時間が重要です。しかし、注意しなければならない時間はほかにもあります。

例えば、電話で申し込むならコールセンターの受付時間、ローンカードを発行するなら店舗やATMの営業時間にも注意してください。

申し込みだけならインターネットで24時間いつでも行えますが、営業時間が決まっているものもあるのです。

即日融資を受ける上で関係してくるSMBCモビットの営業時間を以下にまとめました。

施設 営業時間
コールセンター ※1 9:00~21:00
自動契約機 ※2 9:00~21:00
提携ATM 提携先の店舗によって異なります。

※1 申し込みに関する電話(オペレーター対応)での問い合わせの場合です。

※2 三井住友銀行内のローン契約機を利用できます。一部、営業時間が異なる店舗もあります。

SMBCモビットは自社の自動契約機をすべて撤廃して、三井住友銀行のローン契約機とサービスを統合しています。

平日、土・日・祝日ともに原則21時まで利用可能ですが、ローン契約機でカードを即日発行するならそれより前に来店しましょう。

すでにネットで申し込みを済ませている場合でも、遅くとも営業終了の30分前には自動契約機での手続きを開始できるように行動してください。

SMBCモビットで即日融資の可能性を上げるコツ

SMBCモビットは即日融資も可能ですが、20時より前の申し込みでも、その日のうちに契約できないケースもあります。

審査に時間がかかって21時を過ぎてしまうこともあるので、即日融資を受けるには午前中からお昼くらいまでには申し込みを済ませておくと安心でしょう。

また、より即日融資の可能性を上げるコツもチェックしてください。

  • 申し込み後、すぐコールセンターに電話する
  • 契約機でカード発行する場合も申し込みはネットから行う
  • 必要書類をあらかじめ用意しておく

申し込み後、すぐコールセンターに電話する

特に夕方以降の申し込みで重要になるのが、申し込み後、すぐコールセンターに電話することです。

SMBCモビットはコールセンターで融資を急いでいる旨を伝えると、優先的に審査を開始してくれます。申し込みの混雑状況によっては審査開始まで時間がかかることもあるので、コールセンターに連絡を入れておきましょう。

即日融資希望なら申し込み後電話で相談しておく

インターネットから申し込みをした場合、申込完了画面にコールセンターの番号が表示されます。申込完了画面にはユーザーIDも表示されるので、そのIDを確認した上で、電話するとスムーズです。

契約機でカード発行する場合も申し込みはネットから行う

「すぐお金を借りたい!」と焦っていると近くの自動契約機へ直接向かってしまうかもしれませんが、申し込みはインターネットからがおすすめです。

三井住友銀行内のローン契約機から申し込みをした場合、最短30分でカードを受け取れます。しかし、そのローンカードはすぐに利用することができません。

正式な審査結果がメールで連絡されるため、それを確認してから、ネットか電話で入会手続きを進める必要があるのです。

「カード受け取ったけど、いつから使えるの?」と疑問を持つ人もいると思いますが、この契約手続きが完了した段階で、受け取っていたカードが使えるようになります。

もちろん審査に落ちてしまう可能性もあり、その場合は来店が無駄になってしまいます。

そのため、申し込みはネットで行い、審査結果の連絡が来てから自動契約機へと来店する方がスムーズでしょう。

ネットで審査申込をしてから自動契約機に行く

審査に必要もの(書類)をあらかじめ用意しておく

カードローンの契約にはいくつかの必要書類があります。SMBCモビットの場合、申込画面の途中で簡易審査結果を確認できますが、正式な審査結果の連絡は以下の必要書類を提出した後です。

本人確認書類 申込者本人の氏名・生年月日・住所を確認できる書類が必要です。以下のような書類の中から用意してください。
・運転免許証 ※1
・健康保険証 ※2
・パスポート ※3
※ 本人確認書類が2点必要な場合もあります。
収入証明書 現在の収入を確認できる以下のような書類の写しが必要になる場合もあります。
・源泉徴収票
・給与明細書 ※4
・確定申告書
・税額通知書
・所得証明書

※ 個人事業主は、SMBCモビットのホームページからダウンロードできる「営業状況確認のお願い」の提出が必要な場合もあります。

※1 運転免許証を持っている人は、本人確認書類として運転免許証を提出してください。

※2 記号・番号・保険者番号・QRコードは見えないようにした上で提出してください。

※3 2020年4月以降申請分のパスポートは住所記載欄等がないため利用できません。

※4 直近2ヶ月分の給与明細書、および支給のあった方は年間の賞与額を確認できる賞与明細書も提出してください。

必要な書類が手元になかったり、提出した書類に不備があったりすれば、審査完了が遅くなり、即日融資を受けるのも難しくなるでしょう。

また、勤め先への電話連絡がない「WEB完結申込」をする場合、通常の「カード申込」とは提出する書類が異なります。

申込方法や契約方法によっても用意する書類が変わってくるので、申し込み後のSMBCモビットの案内に従ってください。

SMBCモビットで即日融資を受けるならネットからの申し込みが早い

SMBCモビットは電話や自動契約機から申し込むこともできますが、即日融資を受けるならネット申し込みが早くておすすめです。

申込方法 即日融資 申込可能時間 審査対応時間
インターネット 二重丸 0:00~24:00 9:00~21:00
電話 三角 9:00~21:00 9:00~21:00
自動契約機 ○ 9:00~21:00 9:00~21:00
郵送 バツ 0:00~24:00 9:00~21:00

入会申込書などの送付が必要な「郵送」以外であれば即日融資の可能性はあります。ただ、インターネットなら自動契約機へと足を運ぶ必要もなく、電話の回数も最小限に抑えられます。

来店不要!審査結果の連絡までは最短30分

自動契約機も即日融資を受けやすい申込方法ですが、どうしても店舗へ行くのに時間がかかります。

SMBCモビットの場合、申込完了後、その場でカードを受け取れるため店内での所要時間は長くありません。三井住友銀行内のローン契約機であれば、カード発行までが最短30分です。

しかし、前述のとおり、その後の審査に落ちてしまう可能性もあります。そこから別のカードローンに申し込もうと思った場合、時間的に即日融資は難しくなるでしょう。

インターネットなら審査結果の連絡までが最短30分であり、結果が分かってから来店できます。そのため、パソコンやスマホから申し込むのがもっともスムーズです。

WEB完結申込なら郵送物も勤め先への電話連絡もない

SMBCモビットのインターネット申し込みには「WEB完結申込」「カード申込」の2種類があります。

この2つの申込方法の主な違いを表にまとめました。

  WEB完結申込 カード申込
ローンカードの発行 なし あり
来店 不要 必要 ※1
郵送物の受け取り 不要 必要
電話連絡 なし ※2 あり

※1 ローンカードを郵送で受け取る場合は来店不要です。

※2 審査で必要な場合は電話連絡が発生することもあります。

WEB完結申込だと郵送物だけでなく、勤め先を確認する目的での会社への電話連絡もありません。

そのため、電話による在籍確認を回避したい人には特におすすめです。

さらに、自宅に入会申込書が郵送されることもなく、カードレスでの利用なので、家族にもバレにくいでしょう。

ウェブ完結

このWEB完結申込ができるのは、パソコンやスマホからの申し込みだけです。

ただし、WEB完結申込は「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていること」「社会保険証または組合保険証を持っていること」が最低限の条件になるので注意してください。

SMBCモビットで即日融資を受けるための最短ルート

ここからはSMBCモビットで即日融資を受けるための最短ルートを紹介していきます。繰り返しになりますが、申し込みはインターネットからがおすすめです。

そのため、今回はインターネットで申し込む場合の手順をまとめました。

  1. インターネットから申し込み
  2. コールセンターへ連絡
  3. メールで審査結果を確認
  4. ネットで入会手続き
  5. 入会完了メールの受信
  6. 都合の良い方法で借り入れ

SMBCモビットのホームページへ行き、「WEB完結申込」もしくは「カード申込」の好きな方から申し込みを開始しましょう。

インターネットからの申し込み後、コールセンターへ連絡するとすぐに審査を開始してくれます。審査の連絡はメールで来るので、メール内に記載されているURLから結果を確認してください。

審査に通っていればそのまま入会(契約)の手続きができ、その後、SMBCモビット側で会員登録が行われます。

SMBCモビット側での手続きが完了すると「入会完了メール」が届くので、そのメールの受信後、借り入れが可能です。(契約内容によっては、融資までに時間がかかる場合もあります。)

SMBCモビットの借入方法は「振込キャッシング」「スマホATM取引」「ローンカード」の3種類なので、ケースバイケースで即日融資を受けやすい方法で借りましょう。(WEB完結申込の場合、ローンカードでの借り入れは利用できません。)

借入方法ごとの即日融資の受け方を以下で説明していきます。

振込キャッシング(銀行振込)で借りる場合

振込キャッシングで借りる場合、スマホやパソコンからSMBCモビットの会員専用サービス「Myモビ」にログインしましょう。

Myモビはスマホアプリからも利用できるので、ダウンロードしている人はアプリから手続きするとより簡単です。

振込キャッシングは登録されている金融機関の口座に最短3分で指定の金額を入金してくれます。

確実に即日で振り込んでもらうためには平日14:50までの振込受付完了が必要です。

ただ、金融機関によっては24時間いつでも入金可能なので、自宅や外出先から好きなタイミングで借り入れできます。(振込実施時間は金融機関によって異なります。)

銀行口座にお金を用意するだけなら振込キャッシングが早く、現金を手元に用意したいときは金融機関のキャッシュカードで引き出しましょう。

金融機関ごとの振込実施時間について後ほど詳しく説明するので、振込キャッシングを利用しようと思っている人はそちらも確認してください。

スマホATM取引のサービスで借りる場合

SMBCモビットはスマホATM取引のサービスに対応しています。そのため、ローンカードがなくても、セブン銀行ATMで直接現金を借りることができるのです。

サービスは原則24時間いつでも利用可能なので、振込キャッシングだと即日融資が難しいようなケースはスマホATM取引で借りましょう。(セブン銀行ATMの休止時間、会員専用サービスMyモビのメンテナンス時間は利用できません。)

スマホATMならコンビニATMで24時間キャッシング可能

SMBCモビットのスマホアプリをダウンロードしたら、事前にログイン、モビットカード番号を保存しておくとスムーズです。出金時には「モビットカード番号」「暗証番号」「生年月日」の入力が必要です。WEB完結申込で契約した場合、モビットカード番号の代わりに「振込キャッシング番号」が案内されます。

セブン銀行ATMに到着したら、アプリの「ご出金(借入)」をタップして手続きを進めてください。その後、ATM画面では「スマートフォン・出金・入金」をタップしていくとQRコードが表示されるので、それをスマホで読み取ります。

そのままアプリとATMの案内に従って操作しましょう。

ローンカードでキャッシングする場合

SMBCモビットのローンカードを即日発行する場合、三井住友銀行内のローン契約機で営業時間内のカード受け取りが必要です。

入会手続き時にカードの受取方法を選択できるので、そこで「ローン契約機」を指定してください。(審査内容によっては「郵送」のみの対応になる場合があります。)

申し込み後に発行できる「予約番号」を確認し、運転免許証などの本人確認書類を持って近くの店舗に向かいましょう。

ローンカードを発行できる最寄りのローン契約機はSMBCモビットのホームページで検索することができます。その際に店舗ごとの営業時間も確認しておくと良いです。

SMBCモビットのローンカードは銀行やコンビニなどの提携ATMで利用できます。三井住友銀行のATMであれば手数料無料であり、カードを発行したらその場でキャッシングするのが早い上に、手数料の節約にもなるのでおすすめです。

SMBCモビットで土・日・祝日に即日融資を受けたいときの注意点

SMBCモビットは土・日・祝日も申し込みを受け付けてくれます。審査受付時間は平日と同じく9時~21時です。

ただし、即日融資を受ける上で、平日にはなかった以下の注意点があります。

  • 電話による在籍確認が難しいときは事前相談が必要
  • 平日より審査が長引くケースもある
  • 金融機関によっては即日振込ができない

電話による在籍確認が難しいときは事前相談が必要

WEB完結申込以外では基本的に電話による在籍確認が実施されます。

例えば、仕事が平日のみで、土曜日や日曜日は職場に人がまったくいないケースもありますよね。このような場合、SMBCモビットの担当者が職場に電話をかけても、それに出る人がいないので在籍確認ができません。

通常、電話をかけても繋がらないときは日時を改めて在籍確認されます。それでは即日融資が受けられなくなってしまうので、電話による在籍確認が難しいときは事前に相談するようにしてください。

ネット申し込み後すぐにコールセンターに電話相談する

インターネットからの申し込み後、コールセンターで相談すれば書類提出による代替確認を提案してもらえるケースもあるのです。

平日より審査が長引くケースもある

SMBCモビットの審査は最短30分ですが、これは「平日月曜日~金曜日の19時まで」に申し込んだ場合です。

土日および祝日、平日19時以降の申し込みは、最短審査時間より長引くことも十分に考えられます。

SMBCモビットの最短審査時間はほかの大手消費者金融とほぼ同じですが、実際には1時間~2時間以上かかることもあるので注意してください。

即日融資を希望するならできるだけ早めに申し込みを済ませましょう。特に土・日・祝日は早めの申し込みが重要です。

金融機関によっては即日振込ができない

銀行振込で借りる場合、金融機関ごとの振込実施時間にも注意が必要です。平日であれば最短3分で入金できても、土・日・祝日は翌営業日になってしまうケースもあります。

この場合、申し込みの当日に契約完了していても、実際に振り込まれるのは翌営業日になるので即日融資を受けられません。

カードレスでSMBCモビットを利用する人は、事前に振込実施時間をチェックしておき、当日の入金ができないときはスマホATM取引で借りましょう。

振込キャッシングの入金時間については次章で詳しくまとめています。

SMBCモビットで即日振込を受けられる時間

SMBCモビットの振込キャッシングなら指定の銀行口座に最短3分で入金してくれます。ただし、確実に即日振込になるのは平日14:50までの振込依頼です。

基本的な振込実施時間を以下にまとめました。

振込依頼の受付完了時間 振込実施時間
平日 0:00~9:30 9:00以降または受付完了から最短3分
平日 9:30~14:50 受付完了から最短3分
平日 14:50~23:59 翌金融機関営業日9:30頃または受付完了から最短3分
土・日・祝日 0:00~24:00 翌金融機関営業日9:30頃または受付完了から最短3分

※ メンテナンスなどで利用できない時間帯もあります。

平日の14:50以降および土・日・祝日の場合、金融機関によっては翌営業日の振り込みになるケースもあるので注意しましょう。

主な金融機関の振込可能時間

利用者の多い主な金融機関の振込可能時間を表にまとめました。

金融機関 月曜日 火曜日~金曜日 土曜日 日曜日
三井住友銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
三菱UFJ銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
みずほ銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
ゆうちょ銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
りそな銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
PayPay銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
楽天銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
イオン銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
新生銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
セブン銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
auじぶん銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
横浜銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
千葉銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
静岡銀行 9:30~21:00 7:00~21:00 7:00~21:00 7:00~18:50

※ 上記時間内でも金融機関のメンテナンス中は振込予約の扱いになります。

表の時間内であれば最短3分で振込可能です。多くの金融機関でほぼ24時間いつでも振込キャッシングを利用できるため、即日振込は受けやすいでしょう。

また、表に記載されていない金融機関に関してはSMBCモビットのホームページで確認してください。

システムメンテナンスで利用できない時間帯

振込キャッシングで借りる場合、振込先の金融機関に加えて、SMBCモビットのサービス停止時間もチェックしておきましょう。

SMBCモビットでは、毎週月曜日の0:00~7:00がメンテナンスによるサービス停止時間になっています。この時間帯は振込キャッシングだけでなく、提携ATMの利用もできません。

例えば、日曜日に申し込みをして、スムーズに契約できても、日付が変わると7時まではメンテナンスで借り入れできなくなるので注意してください。

まとめ

SMBCモビットで即日融資を受ける方法について説明してきました。

SMBCモビットは即日融資に対応していますが、ほかの大手消費者金融と比べて特別審査が早いわけではありません。20時までなら即日融資の可能性はあるものの、余裕を持って審査受付終了の2~3時間前には申し込みを済ませておく方が安心です。

最後にSMBCモビットで即日融資を受けるためのポイントをまとめます。

  • 審査受付時間は平日、土日祝日ともに9時~21時まで
  • 即日融資にはどんなに遅くとも20時までの申し込みが必要
  • 21時以降は翌日9時に審査を再開
  • 平日 月曜日~金曜日の19時までの申し込みは最短30分審査
  • WEB完結申込なら来店不要、郵送物なし、電話連絡なし
  • ローンカードは三井住友銀行内のローン契約機で即日発行が可能
  • カードレスでも振込キャッシング、スマホATM取引で即日融資を受けられる

即日融資を受けるにはインターネットからの申し込みがおすすめですが、「WEB完結申込」と「カード申込」で契約と借り入れの流れが変わります。

自分にとって便利な方を選んで、SMBCモビットのホームページから申し込みをしましょう。