土日祝日での融資可能なカードローン

カードローンのサービスの中には即日融資に対応している商品もあり、申し込みをしたその日に契約、利用が可能です。

「申し込もうと思っていたのに週末になってしまった…」
「次の休みに急遽予定が入ってしまって、すぐお金を借りたい!」
「土日や祝日だと即日融資は難しいの?」

このように思っている方もいるかもしれませんが、土日祝日も即日融資を受けられるカードローンはあります。

ただし、すべてのカードローンで曜日に関係なく即日融資を受けられるわけではありません。

平日しか営業していなかったり、審査に時間がかかったりするカードローン会社もあるため、どの商品を選ぶかが非常に重要です。

そこでこの記事では、どのカードローンであれば土日祝日も即日融資を受けやすいのかについて説明していきます。

また、知らないと手続きに時間がかかることもある「土日祝日に即日融資を受けるポイント」についても分かりやすくまとめました。

商品選びを間違わなければ土日祝日でも即日融資を受けられる可能性は高いので、ぜひ申し込みの参考にしてください。

土曜日や日曜日、祝日に即日融資を受けるならどこが良い?

お金を借りられる場所はいくつかあります。

例えば、以下のようなサービスが主な選択肢になるでしょう。土日祝日の審査受付、即日融資の可否を表にまとめました。

お金を借りられるサービス 土日祝日の即日融資 平日の即日融資
大手消費者金融 ○ ○
中小消費者金融 三角 ○
信販系カードローン 三角 三角
銀行カードローン バツ バツ

※ 土日祝日の審査受付、即日融資の可否(銀行を除く)は一般的な傾向です。

表から分かるように大手消費者金融なら土日祝日でも即日融資を受けやすく、それ以外では難しい、もしくは不可なのです。

そのため、土日祝日に即日融資を希望する場合、選択肢は大手消費者金融のみだと思って良いでしょう。

土日祝日も即日融資を受けやすいのは大手消費者金融

大手のカードローンであればネットからの申し込みに対応していますが、銀行などだと審査は平日のみが多いです。

一方、大手消費者金融はインターネットから24時間いつでも申し込めるだけでなく、土日祝日も審査を平日と同じように進めてくれます。

大手消費者金融なら土日祝日も即日融資可能

さらに、最短30分程度で審査が完了するため、即日融資も受けやすいのが特徴です。(※ 申し込みの時間帯などによっては翌営業日以降の契約になります。)

ほかにも「自動契約機でカードを受け取れる」「ネットだけで手続きできる」「24時間の即時入金に対応している」など大手消費者金融にはメリットがたくさんあります。

ほかの借入方法と比較して、もっとも土日祝日に即日融資を受けられる可能性が高いでしょう。

中小消費者金融だと土曜日、日曜日は定休日の場合が多い

中小規模の消費者金融も即日融資に対応しています。

ただし、中小消費者金融は営業が平日の夕方までで、土日祝日は定休日となっているところもあるので注意してください。特に日曜日と祝日は定休日の場合が多く、平日以外は即日融資がほぼ受けられません。

また、多くの中小消費者金融は、カードローンではなく、店頭や銀行振込による融資です。そのため、土曜日に契約できても、振込融資が即日でできないというケースも出てきます。

可能性があるとすれば、店舗で審査を受けて、その場で現金を借りるようなケースでしょう。

大手消費者金融に比べて利便性はかなり悪くなるので、おすすめの方法ではありません。すでに大手の審査に落ちていて、どうしても即日融資を受ける必要があるという人だけ検討しましょう。

信販系カードローンも土日祝日の即日融資は難しい

信販系カードローンとはクレジット会社の発行するカードローンです。法律的には消費者金融と同じく貸金業者に該当し、即日融資も不可能ではありません。

ですが、消費者金融と違って融資スピードを前面に出した商品は少なく、審査には数日かかることもあります。

加えて、自動契約機がないため、カードの受け取りが郵送のみという点もデメリットです。即日融資を受けるためには、カード受け取り前の振込融資に対応しているのが最低限の条件になるでしょう。

「土日祝日に審査を受け付けている」「即日で審査回答がある」「ネットで契約できる」「平日以外でも即日で入金してもらえる」というのも即日融資の条件になります。

次に紹介する銀行カードローンのように不可能ではありませんが、信販系カードローンで土日祝日に即日融資を受けるハードルはかなり高く、難しいのが現状です。

銀行カードローンは曜日に関係なく即日融資に非対応

銀行カードローンに関しては審査結果が当日中に出ないため、平日、土日祝日ともに即日融資を行えません。

2018年1月より審査の過程で警察庁データベースの照会をするようになり、その結果が分かるのが翌営業日以降なのです。

返済能力の調査や在籍確認、提出書類のチェックは当日中に完了しても、データベースの照会結果が出てからの契約になります。

また、銀行カードローンは土日祝日を休業日にしているところも多いです。その場合、金曜日の夜以降の申し込みは、翌週月曜日の審査開始になってしまいます。

週末もインターネットなどから申し込みはできますが、審査結果が分かるまでには数日かかるでしょう。土日祝日の即日融資を希望する場合、銀行カードローンを選んではいけません。

土日祝日の即日融資にも対応している消費者金融カードローン

土日祝日に即日融資を受けるなら、以下のような大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

消費者金融 金利(実質年率) 限度額
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル 3.0%~18.0% 1万円~800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万円~500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円

この5つのカードローンは即日融資に対応しており、土日祝日も契約、利用が可能です。いずれも利便性の高いカードローンで、審査の時間も最短30分前後と大きな差はありません。

ですが、土日祝日の即日融資については少しだけ差があります。

土日祝日に即日融資を受けるという前提で、商品ごとの特徴、おすすめポイントをまとめました。

プロミス

プロミスはインターネットからの申し込みだと最短1時間融資です。審査が早いだけでなく、Web完結に対応しているため、スマホやパソコンのみで契約できます。

プロミスは審査スピードと金利を両立

契約後はスマホATMであれば近くのセブン銀行、もしくはローソン銀行のATM(※1)で直接借りられ、ネットキャッシングなら全国約200の金融機関でいつでも振込融資(※2)を受けられて便利です。

ローンカードがなくても十分に便利ですし、必要なときは後から無料でカードを作ることもできます。また、スマホからは最短15秒(※3)で仮審査なので急いでいるときも安心でしょう。プロミスに目立った弱点はなく、多くの人にとって使いやすいサービスだといえます。

※1 ローソン銀行ATMの一部ではスマホATMを利用できません。

※2 金融機関によって振込実施時間が異なります。

※3 仮審査結果の確認後、本審査が必要で、新規契約時の上限は50万円までとなります。

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 1万円~500万円
申込条件 満20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入のある方
無利息期間 はじめてプロミスを利用する場合、初回借入の翌日から30日間
※ メールアドレス、Web明細の登録が必要です。
カードレス契約 可能
借入方法 ①ローンカード:プロミスのATM、提携ATM
②スマホATM:セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM
③振込融資
④店頭窓口(平日10:00~18:00)
振込融資と相性の良い銀行口座 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、イオン銀行、PayPay銀行など

※ プロミスのATM、三井住友銀行ATMでのローンカード利用は手数料がかかりません。

※ メンテナンスなどにより振込融資が利用できない時間帯もあります。

※ 三井住友銀行は毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00までサービス停止となります。

※ ゆうちょ銀行は毎月第三日曜日0:00~8:30までメンテナンスとなります。

※ PayPay銀行は毎週月曜日0:00~7:00までサービス停止となります。

アコム

アコムは店舗に併設されている自社ATMが24時間営業(※1)なので、カード発行後は曜日や時間帯に関係なく、いつでも手数料無料で借りられます。そのため、自動契約機でカードを受け取ろうと思っている人にはアコムがおすすめです。

一方、カードレスでの契約はできないため、振込融資で借りる人もカードを郵送や店舗で受け取る必要があります。

また、楽天銀行の口座であれば月曜日~日曜日、祝日も受付完了から1分程度(※2)で振り込んでもらえますが、楽天銀行の口座を持っていない人は注意してください。

例えば、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行は土日祝日の20時以降の振込受付だと、入金は翌日の9:30頃になります。土日祝日にアコムで即日融資を受けたい場合、ローンカードを自動契約機の営業時間内に受け取れる、または楽天銀行の口座を持っていることが条件になるでしょう。

※1 営業時間が異なる場合、店舗に併設されていない場合もあります。また、毎週月曜日の午前1時~午前5時は定期点検により利用できません。

※2 受付時間は0:10~23:49です。年末年始など一部時間帯が異なる場合もあります。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
申込条件 満20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの審査基準を満たす方
無利息期間 はじめてアコムを利用する場合、初回契約の翌日から30日間
※ 無担保カードローンが対象です。また、アコムが不適当と判断した場合は対象外になる可能性があります。
カードレス契約 不可
借入方法 ①ローンカード:アコムATM、提携ATM
②振込融資
③店頭窓口(平日9:30~18:00)
振込融資と相性の良い銀行口座 楽天銀行

※ アコムATMでのローンカード利用は手数料がかかりません。

※ メンテナンスなどにより振込融資が利用できない時間帯もあります。

アイフル

アイフルは急いでいる人におすすめのカードローンです。WEB完結に対応していてカードレスで利用できますし、原則として審査時の勤め先への電話連絡(※1)を行っていません。

アイフルは勤務先へ電話連絡をしない

電話以外の方法で在籍確認をするため、「土日祝日は会社も休みで人がいない」なんてときも大丈夫です。さらに、急いでいるときは、ネット申し込みの後に届くメールに記載されている電話番号に連絡すれば優先的に審査を開始してもらえます。

スマホアプリならカードがなくてもセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMが利用でき、振込融資は三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行など多くの金融機関で24時間いつでも振込可能(※2)です。

※1 必要に応じて電話による在籍確認を行う場合があります。

※2 金融機関によって振込可能時間が異なります。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
申込条件 満20歳以上、69歳以下で定期的な収入と返済能力を有する方
無利息期間 はじめてアイフルを利用する場合、初回契約の翌日から30日間
※ 対象は無担保キャッシングローンです。
カードレス契約 可能
借入方法 ①ローンカード:アイフルATM、提携ATM
②スマホATM:セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM
③振込融資
振込融資と相性の良い銀行口座 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、イオン銀行、PayPay銀行など

※ 三菱UFJ銀行は毎月第二土曜日21:00~翌日7:00まで利用できません。

※ メンテナンスなどにより振込融資が利用できない時間帯もあります。

※ 三井住友銀行の場合、毎週月曜日は7:00~24:00、毎週日曜日は0:00~21:00が振込可能時間になります。そのほかの曜日は24時間いつでも利用可能です。

※ ゆうちょ銀行は毎月第三月曜日0:00~8:30、年末年始、GWの利用はできません。

※ イオン銀行は毎月第二月曜日2:00~6:00の利用はできません。

SMBCモビット

SMBCモビットも土日祝日の即日融資に対応していますが、申し込むのであれば「WEB完結申込」をおすすめします。(WEB完結申込には、指定の種類の健康保険証、および銀行口座が必要です。また、カードレスでの利用となり、カード発行はできません。)

ネット申し込みには「カード申込」もあり、主な違いは電話連絡の有無です。SMBCモビットのWEB完結申込は電話連絡なしで、これには勤め先への連絡も含まれます。

在籍確認は指定の種類の健康保険証、収入証明書で行うので、電話連絡なしで審査を進めることができるのです。

そのため、「電話連絡が不安」「土日祝日は在籍確認が難しい」という人にとっては便利な申込方法でしょう。

一方、カード申込だと電話連絡の代わりに書類提出にできないか相談はできますが、必ず対応してもらえるわけではありません。SMBCモビットにほかの消費者金融のような無利息期間はないので、カード申込するなら別のカードローンを選ぶ方が良いです。

ちなみに、SMBCモビットもコールセンターに電話をすることで優先的に審査を開始してもらえます。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
限度額 1万円~800万円
申込条件 満20歳以上、69歳以下の安定した定期収入のある方で、SMBCモビットの基準を満たす方
無利息期間 なし
カードレス契約 可能(WEB完結申込のみ)
借入方法 ①ローンカード(カード申込のみ):提携ATM
②スマホATM:セブン銀行ATM
③振込融資
振込融資と相性の良い銀行口座 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、イオン銀行、PayPay銀行など
これらの銀行口座の場合、以下の時間帯は受付完了後、最短3分で振り込みです。
月曜日:9:30~23:30
火曜日~土曜日:0:30~23:30
日曜日:4:30~18:50
※ 上記時間以外の場合、当日9:30までの受付完了はその日の9:30頃、当日9:30を超えての受付完了は翌日の9:30頃までの振り込みになります。

※ 三井住友銀行ATMでのローンカード利用は手数料がかかりません。

※ メンテナンスなどにより振込融資が利用できない時間帯もあります。

レイクALSA

レイクALSAはすぐに審査結果を知りたい人におすすめです。インターネットからの申し込み後、最短15秒で審査結果を表示してくれます。(審査結果の表示は8:10~21:50(第三日曜日は19時まで)です。それ以外の時間帯、申込内容によってはメール、電話での連絡になります。)

その後、Web完結で契約する場合は「スマート本人確認」もしくは「口座登録で本人確認」で手続きを進めていきます。

「スマート本人確認」には運転免許証、「口座登録で本人確認」には本人確認書類+金融機関口座の登録が必要です。運転免許証がなかったり、一部対応していない金融機関の口座だったりするとWeb完結での契約はできません。

また、21時までの契約完了で即日融資も可能ですが、日曜日は18時までなので注意してください。借入方法は振込融資、もしくはローンカードのどちらかになります。

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
限度額 1万円~500万円
申込条件 満20歳以上、70歳以下の安定した収入のある方
無利息期間 はじめてレイクALSAを利用する場合、以下のいずれかを選択できます。
・60日間無利息(Web申込み限定)
・5万円まで180日間無利息
※ 契約額が200万円を超える場合は「30日間無利息」となります。無利息期間の終了後は通常の金利が適用され、それぞれの併用はできません。
カードレス契約 可能
借入方法 ①ローンカード:新生銀行カードローンATM、提携ATM
②振込融資
振込融資と相性の良い銀行口座 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、イオン銀行、PayPay銀行など

※ 新生銀行カードローンATMでのローンカード利用は手数料がかかりません。

※ メンテナンスなどにより振込融資が利用できない時間帯もあります。

土日祝日の申し込みで即日融資を受けるためのポイント

土日祝日でも大手消費者金融なら即日融資を受けやすいものの、必ず当日中に借りられるわけではありません。

即日融資の可能性を上げるためには、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

  • できるだけ早い時間帯にネットから申し込みを済ませる
  • Web完結の流れを把握しておく
  • 審査に必要な書類を用意しておく
  • 電話確認以外の方法での在籍確認への対応
  • 銀行振込は金融機関ごとの入金時間が重要
  • スマホATMなら銀行口座もカードも不要
  • ローンカードを即日で受け取りたい場合は契約機の営業時間に注意

できるだけ早い時間帯にネットから申し込みを済ませる

インターネット申し込みは24時間いつでもできますが、審査が進むのは営業時間中だけです。そのため、審査の途中で当日の営業が終了すると、翌営業日以降の連絡になってしまいます。

申し込みはインターネットからできるだけ早い時間に済ませましょう。

大手消費者金融は比較的、遅くまで開いていて、土日祝日も午後9時までの営業が多いです。この場合、審査の受付も午後9時までとなるので、審査にかかる時間も考慮して、遅くても午後8時までには申し込んでください。

申し込みはネットから早い時間帯に済ませる

ただ、混雑状況、不測の事態の発生によって当日中の契約ができないことも考えられます。可能であれば余裕を持って営業時間終了の2時間以上前には申し込んでおくと良いでしょう。

Web完結の流れを把握しておく

カードローンの契約はWeb完結で行うのがもっとも早いです。Web完結ならスマホ、パソコンだけで契約できるため、来店や郵送の手間がありません。

ただし、消費者金融によってWeb完結するための条件は異なります。利用できる本人確認書類に指定があったり、特定の金融機関の口座をネットから返済用口座に登録したりしなければいけないこともあるのです。

途中でWeb完結できないことに気づくと、予定が狂ってしまうこともあるので注意してください。

審査に必要な書類を用意しておく

カードローンの契約には本人確認書類が必要です。また、希望限度額や審査の内容によっては収入証明書も必要になります。

他社借入がなく、希望限度額が50万円以下なら運転免許証1枚で申し込めることが多いですが、手元に必要書類がない場合は要注意です。

例えば、有効期限が切れていた本人確認書類を再発行する場合、収入証明書を会社や自治体で発行してもらう場合などは、土日祝日だと即日で行えない可能性もあります。

あらかじめどのような書類が必要なのかを調べて、早めに用意しておくようにしましょう。

電話確認以外の方法での在籍確認への対応

カードローンの審査では在籍確認が実施されます。在籍確認は本人が電話に出られなくても大丈夫なので、自身が休みの日に申し込んでも問題ありません。

ただし、職場に電話を受けられる人がいる必要はあります。そのため、勤め先が土日祝日は休業日という場合、在籍確認ができずに、審査もストップしてしまうのです。

このようなケースでは、電話以外の方法で在籍確認してもらえるかが重要になります。大手消費者金融は保険証や給与明細などの指定書類の提出で、在籍確認することもあるので、対応してもらえないか相談してみてください。

ネット申し込み後すぐにコールセンターに電話相談する

また、電話による在籍確認を後回しにする代わりに限度額を低くし、電話連絡で確認が取れたら限度額を元に戻すといった対応もあります。

銀行振込は金融機関ごとの入金時間が重要

ATMで直接キャッシングするときは、基本的にローンカードが必要になります。ただ、その場合、自動契約機などで先にカード発行しなければいけません。

時間の余裕があるなら良いですが、カードがなくても大丈夫という方は、銀行振込で必要なお金を借りましょう。この借入方法ならインターネットで契約後、すぐに自分の口座に入金してもらえるのです。

あとは近くのコンビニや銀行の提携ATMで、いつでも好きなときにキャッシュカードで引き出せます。

その際に注意すべきなのは、金融機関ごとの入金時間です。銀行の窓口営業時間内なら即時入金してくれることが多いですが、土日祝日は翌営業日の入金になることもあります。

金融機関で「モアタイム」というシステムが導入されたことで、平日夕方以降や土日祝日も即時入金できる銀行口座が増えました。ですが、金融機関ごとに対応可能時間が異なるため、今、銀行振込の依頼をするといつ入金されるのかは事前に確認しておきましょう。

消費者金融によっても土日祝日の入金時間は差があるので注意してください。

スマホATMなら銀行口座もカードも不要

「曜日の影響を受けにくい」「自動契約機に来店する必要がない」という点では、スマホATMのサービスも便利です。

スマホATMならコンビニATMで24時間キャッシング可能

スマホATMはセブン銀行、ローソン銀行のATMに対応していて、カードローンのスマホアプリをダウンロードしておくと、カードがなくてもATMでキャッシングできるというサービスです。

これなら銀行口座もいりませんし、ローンカードがなくても問題ありません。近くのコンビニに設置してあるATMであれば、原則24時間いつでも利用できるでしょう。

ただ、土曜日、日曜日、祝日などは平日と利用可能時間が異なる場合もあります。特に深夜から早朝にかけては、事前に利用できるか確認しておく方が安心です。

ローンカードを即日で受け取りたい場合は契約機の営業時間に注意

土日祝日に即日融資を受けるなら、カードレスのWeb完結で契約して、借り入れはスマホATM、ネットキャッシング(銀行振込)で行うと早いです。

一方、「スマホATMやネットキャッシングはよく分からないし、自動契約機でカードを受け取りたい」という人もいますよね。

ローンカードがあると利用できるATMは増えますし、一部、手数料のかからないATMなどもあります。また、事前に審査に通過しているなら、自動契約機でのカード発行も長くはかからないでしょう。

ただし、営業時間に注意が必要です。自動契約機や併設されている消費者金融のATMは24時間営業でないことが多いです。

大手消費者金融の契約機、自社ATMの営業時間
消費者金融 契約機 自社ATM
プロミス ■プロミス自動契約機
9:00~21:00
■三井住友銀行内ローン契約機
9:00~18:00
7:00~24:00
アコム ■自動契約機(むじんくん)
9:00~21:00
0:00~24:00
アイフル ■契約ルーム
9:00~21:00
7:00~23:00
レイクALSA ■新生銀行カードローン自動契約機
9:00~22:00(平日・土曜日・祝日)
9:00~19:00(日曜日)
7:30~24:00(平日・土曜日)
7:30~22:00(日曜日・祝日)
7:30~20:00(第三日曜日)
SMBCモビット ■三井住友銀行内ローン契約機
9:00~18:00

※ システムメンテナンスで利用できない時間帯もあります。また、年末年始などを除きます。

※ 各社の契約機、ATMの営業時間は店舗によって異なります。公式ホームページなどで確認の上、来店してください。また、一部店舗にはATMが併設されていません。

平日と同じ営業時間のところが多いものの、中には土日祝日は閉店が早いところもあるので注意しましょう。加えて、一部消費者金融にある有人店舗に関しては、平日のみで、土日祝日は営業していません。

契約機でカード発行する場合、遅くても閉店の1時間前には来店してください。

ローンカードはコンビニなどでも利用できるためカード発行後は問題ありませんが、時間に間に合わないと翌日以降の利用になる可能性もあります。

土日祝日に無審査で即日融資を受けられる方法はある?

ほかの業者でも借りていたり、融資を断られたりしている場合、「無審査で貸してくれないかな?」と考えるかもしれませんが、お金を貸す以上、審査なしというのはあり得ません。

返済能力のない人に融資しても、貸したお金は返ってこないので、金融機関にとってはハイリスクです。

また、過剰融資を防止するためにも返済能力の調査は金融機関の義務であり、曜日や即日融資の可否に関係なく、審査は必ず受ける必要があります。

ただし、質屋であれば収入や信用情報の審査はなく、店舗ですぐに現金を貸してもらえます。これは貴金属やブランド品などを担保として預け、その査定額の範囲内で融資をするためです。

質屋に価値がある物を預けてお金を借りる

全国展開しているような大手の質屋なら土日祝日も営業していることが多く、即日で借りられるでしょう。

無担保のカードローンに比べて利便性は劣るため、「担保にできるものがある」「金融機関の審査に通らない」というときのみ検討してください。

闇金は土日祝日の即日融資が可能でも危険なので利用してはいけない

消費者金融などの貸金業者は、都道府県や国からの登録を受けて営業しています。

ですが、無登録で貸付業務を営んでいる業者(闇金)も存在し、正規の業者や銀行からお金を借りられず、闇金に手を出してトラブルに発展するケースもあるので注意してください。

「審査なし」の貸金業者は闇金の可能性が高い

無登録というだけでも違法なのですが、闇金は法外な利息を請求したり、暴力的な取り立てを行ったりもするのです。

闇金なら土日祝日も即日融資が受けられるかもしれませんが、ときには家族や職場にも迷惑がかかることもあります。

大手がダメだった場合、中小消費者金融を検討しましょう。また、質屋のような収入、信用情報の審査がない借入方法もあるので、闇金を絶対に利用してはいけません。

まとめ

土日祝日に即日融資を受けるなら大手消費者金融のカードローンが最適です。

現在、即日融資を受けられるのはほぼ消費者金融だけですが、中小規模の業者は土日祝日が定休日になっている場合も多く、平日以外だとすぐにお金を借りられません。

大手なら土日祝日も平日と同じように申し込め、審査も進めてくれます。カード発行のために自動契約機も利用できますし、スマホATMやネットキャッシングといったカードレスの取引方法も充実していておすすめです。

  • 土日祝日の即日融資には大手消費者金融がおすすめ
  • 遅くても営業終了の1時間~2時間前には申し込みを済ませる
  • 電話による在籍確認が難しいときは書類提出で代替してくれることもある
  • 金融機関によっては24時間いつでも銀行振込が可能
  • スマホATMなら銀行口座もカードも不要でキャッシングできる

この記事で紹介した大手消費者金融のカードローンなら十分に土日祝日も即日融資を受けられる可能性があります。

ただ、申し込みの時間帯によっては当日中の審査に間に合いませんし、銀行振込で借りるときは入金時間にも注意が必要です。

相性の良い銀行口座、スマホATMやWeb完結への対応などにも差があるので、自分に合ったカードローンを選んでください。