即日融資可能な中小消費者金融

「すぐお金を借りたいのに大手消費者金融の審査に落ちてしまった!」
「中小消費者金融なら即日融資を受けられて、審査も甘いって本当?」
「街金からお金を借りたいけど闇金に引っかかりそうで不安…」

このような人もいると思いますが、中小消費者金融は大手と異なる審査基準ですし、即日融資も可能です。もちろん、闇金以外の正規の業者であれば法外な利息を請求されたり、嫌がらせを受けたりすることもありません。

この記事では即日融資も可能な中堅、もしくは中小に分類されるような消費者金融をまとめました。

大手以外で即日融資に対応した消費者金融を探している人はぜひ参考にしてください。

ただし、中小消費者金融には大手にないデメリットも存在します。中小を利用する際の注意点、審査の難易度、闇金と見分ける方法についても説明するので、あわせて確認しましょう。

プロミス

【闇金以外】即日融資に対応した中堅・中小消費者金融

銀行カードローンに関しては即日融資ができないため、現在、申し込みの当日に借りられるのは基本的に消費者金融だけになります。

消費者金融なら即日融資が可能

ですが、すべての消費者金融が即日融資に対応しているわけではありません。審査に時間がかかったり、契約書などの郵送が必要だったりして、どうしても即日融資が難しい業者もあるのです。

中堅・中小消費者金融は大手に比べると即日融資が受けにくくなるため注意してください。

中堅や中小に分類される消費者金融のうち、闇金以外で以下のような業者が即日融資に対応しています。

中堅・中小消費者金融 金利(実質年率) 限度額
ダイレクトワン 4.9%~18.0% 1万円~300万円
ベルーナノーティス 4.5%~18.0% 1万円~300万円
セントラル 4.8%~18.0% 1万円~300万円
フタバ 14.959%~19.945% 1万円~50万円
フクホー 7.3%~20.0% 5万円~200万円
アロー 15.00%~19.94% 200万円まで
エニー 15.0%~20.0% 1万円~100万円

※ 契約には審査があります。また、申し込みの時間帯などによっては翌営業日以降の利用になります。

ダイレクトワン

ダイレクトワンはスルガ銀行グループの消費者金融で、静岡県を中心に複数の店頭窓口があります。

ダイレクトワンはカードローンなので、カードがあれば近くのコンビニATMなどで好きなときにキャッシングできて便利です。(※ 金融機関によってATMの利用可能時間は異なります。)

ただし、即日融資には店頭窓口への来店が条件になります。店頭窓口なら最短30分でカード発行でき、契約後、すぐの借り入れも可能です。

静岡県以外では東京都などにも店舗があるので、近くにあるか事前に調べておきましょう。

ちなみに、銀行振込で借りる場合、平日7:00~13:00までは当日振込ですが、それ以外の時間帯は翌営業日の扱いになります。

金利(実質年率) 4.9%~18.0%
限度額 1万円~300万円
申込条件 20歳~69歳までの、安定した収入のある方(要審査)
店頭窓口・契約機 東京都、神奈川県、静岡県、山梨県、愛知県
※ 2021年10月時点
契約に必要なもの ・本人確認書類(運転免許証など)
・収入証明書
※ 利用限度額50万円超、または他社借入との総額が100万円超の場合は収入証明書が必須です。
借入方法 ・ATM ※1
・店頭窓口
・銀行振込(電話) ※2
特徴 ・新規契約の場合、初回借入の翌日から55日間無利息
・銀行グループなので安心
・カードローンなので繰り返しの利用OK
・オートローンや教育ローンの取り扱いもあり
・WEB契約も可能 ※3

※ 犯罪収益移転防止法の改正により、本人確認書類が2点必要になりました。指示に従って必要書類を用意してください。

※1 スルガ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イーネット、イオン銀行などの提携ATMを利用可能です。利用にはATM手数料がかかります。

​​※2 事前に銀行口座の届け出が必要です。

※3 ネットでの契約後、カードが自宅へ郵送されます。カードはダイレクトワンへ受け取りの連絡後、利用できるようになります。

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスは通信販売で有名なベルーナグループの消費者金融が取り扱うカードローンです。

はじめての利用者には無利息期間があったり、最短30分で審査をしてくれたりと便利ですが、借り入れに関しては「24時間以内の融資も可能」とされています。

つまり、申し込みの時間帯などによっては当日ではなく、翌日にずれ込む可能性も十分にあるので注意してください。

また、スムーズに手続きすればローンカードは即日発行してくれるものの、郵送なので受け取りに数日かかってしまいます。

そのため、すぐ借りたい場合、初回は銀行振込を利用しましょう。

金利(実質年率) 4.5%~18.0%
限度額 1万円~300万円
申込条件 20歳~80歳までの、安定した収入のある方(要審査)
店頭窓口・契約機 なし
契約に必要なもの ・本人確認書類(運転免許証など)
・収入証明書
※ 利用限度額50万円超、または他社借入との総額が100万円超の場合は収入証明書が必須です。
※ 配偶者貸付では別途書類が必要です。
借入方法 ・ATM
・銀行振込(ネット・電話)
特徴 ・初回利用、完済後再度の利用は14日間利息0円 ※1
・カードローンのATM手数料が無料
・コンビニのATMも利用可能
・配偶者貸付で専業主婦の申し込みにも対応

※ 犯罪収益移転防止法の改正により、本人確認書類が2点必要になりました。指示に従って必要書類を用意してください。

※1 借り入れの翌日から対象期間が開始します。完済後再度の借り入れの場合、前回の無利息の適用から3ヶ月経過していれば無利息サービスの対象になります。

セントラル

セントラルは愛媛県に本社を置く消費者金融で、東京などにも店舗があります。

平日の午後2時までの申し込みであれば、銀行振込で即日融資も可能です。また、自動契約機もあり、その場でカード発行することもできます。

店頭窓口に来店してもその場でカード発行できますが、有人の店舗は愛媛県内にある一店舗のみです。そのため、即日融資はネットなどから申し込んで銀行振込で借りるか、自動契約機でカード発行するかの2つだと思ってください。

ローンカードはセントラルATMに加えて、セブン銀行ATMも利用できるため、近くにセブンイレブンがあると借りやすいでしょう。

金利(実質年率) 4.8%~18.0%
限度額 1万円~300万円
申込条件 20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方(要審査)
店頭窓口・契約機 東京都、神奈川県、埼玉県、岡山県、愛媛県、香川県、高知県
※ 2021年10月時点
契約に必要なもの ・本人確認書類(運転免許証など)
※ 収入証明書の提出が必要なこともあります。
借入方法 ・ATM(セントラルATM・セブン銀行ATM)
・銀行振込(ネット・電話)
特徴 ・新規契約の場合、初回契約の翌日から30日間無利息
・セントラルATMなら手数料無料
・自動契約機は年中無休で8:00~21:00まで営業
・女性専用商品あり

※ 犯罪収益移転防止法の改正により、本人確認書類が2点必要になりました。指示に従って必要書類を用意してください。

フタバ

フタバは少額融資を専門に扱う消費者金融で、即日融資は「平日16時までの審査が完了」が条件です。

新規利用者は契約の翌日から30日間の利息が0円になりますが、フタバのサービスではローンカードが発行されません。追加借入には連絡が必要で、返済方法も銀行振込のみになります。

また、契約書は郵送で受け取り、その後、住民票の写しと一緒に返送する必要があります。消費者金融からの郵送物は避けられないので注意してください。

金利(実質年率) 14.959%~19.945%
※ 融資額10万円以上の上限金利は年17.950%です。
限度額 1万円~50万円
申込条件 以下の条件をすべて満たす方(要審査)
・20歳~73歳までの安定した収入と返済能力のある方
・他社(消費者金融)での借り入れが4件以内である方
店頭窓口・契約機 なし
契約に必要なもの ・本人確認書類(運転免許証など)
・住民票の写し
※ 収入証明書の提出が必要なこともあります。
借入方法 ・銀行振込
特徴 ・新規契約の場合、初回契約の翌日から30日間無利息
・レディースキャッシングあり

※ 犯罪収益移転防止法の改正により、本人確認書類が2点必要になりました。指示に従って必要書類を用意してください。

フクホー

フクホーは大阪府内に店舗を構える消費者金融で、店頭で審査を受ける以外にインターネットから申し込むことも可能です。

店頭で申し込む場合、その場で審査が行われ、問題なければ契約手続き後に融資を受けられます。

この手順であれば即日融資も受けられますが、店舗は大阪府内の一店舗のみなので、利用できる人は限られるでしょう。

一方、インターネットから申し込む場合、メールや電話で審査結果が伝えられます。その後、郵送かセブンイレブンのマルチコピー機で書類を受け取って、必要書類とあわせて返送しなくてはいけません。

本審査の開始は担当者が必要書類を受け取ってからです。郵送が必要な上に、スタッフの数も限られるため、即日融資は難しいでしょう。

フクホーは即日融資も可能ですが、実際には来店できないとかなりハードルが高いと思ってください。

金利(実質年率) 7.3%~20.0%
※ 融資額10万円~100万円未満は18.0%、100万円超は15.0%が上限金利です。
限度額 5万円~200万円
申込条件 20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する方(要審査)
店頭窓口・契約機 大阪府
契約に必要なもの ・本人確認書類(運転免許証など)
・収入証明書
・住民票の写し(本籍地記載分)
※ そのほかの書類の提出を指示されることもあります。
借入方法 ・銀行振込
・店頭窓口
特徴 ・レディースキャッシングあり
・借換えローンあり

※ 犯罪収益移転防止法の改正により、本人確認書類が2点必要になりました。指示に従って必要書類を用意してください。

アロー

アローは愛知県名古屋市にある消費者金融ですが、全国からインターネットで申し込めます。(申し込みはネットのみです。)

銀行振込で融資を受けられ、最短当日中の入金も可能です。即日融資を受けるためにはスマホアプリの利用が必須で、必要書類はアプリから撮影したデータを送信してください。

審査は最短45分なので大手に比べると少し時間がかかるものの、審査に通り、提出書類に問題がなければ即日振込してくれます。

申し込みの時間帯などによっては翌営業日以降になるため、できるだけ早めに手続きを進めましょう。

金利(実質年率) 15.00%~19.94%
限度額 200万円まで
申込条件 25歳~65歳までの安定した収入のある方(要審査)
店頭窓口・契約機 なし
契約に必要なもの ・本人確認書類(運転免許証など)
・収入証明書
借入方法 ・銀行振込
特徴 ・最短45分審査
・専用アプリで郵送なし
・借換ローンあり

※ 犯罪収益移転防止法の改正により、本人確認書類が2点必要になりました。指示に従って必要書類を用意してください。

エニー「1day ダイレクト」

エニーは最短30分で審査してくれ、即日融資にも対応しています。

インターネットからの申し込みは銀行振込になりますが、東京都内の店舗に来店して、その場で審査を受けることも可能です。

基本的に電話で来店予約をしてから向かうようにしてください。契約には本人確認書類、収入証明書、印鑑の3点が必要で、来店だと店頭窓口で直接融資を受けられます。

金利(実質年率) 15.0%~20.0%
※ 融資額10万円未満は年20.0%です。
限度額 1万円~100万円
申込条件 満20歳以上で定期的な収入のある方(要審査)
店頭窓口・契約機 東京都
契約に必要なもの ・本人確認書類(運転免許証など)
・収入証明書
・印鑑
借入方法 ・銀行振込
・店頭窓口
特徴 ・最短30分審査
・東京都内に店頭窓口あり
・おまとめローンあり

※ 犯罪収益移転防止法の改正により、本人確認書類が2点必要になりました。指示に従って必要書類を用意してください。

大手以外の中小消費者金融で即日融資を受ける際の注意点

繰り返しになりますが、中小消費者金融は即日融資に対応していても、大手と比較して借り入れに時間がかかるのが現状です。

「大手消費者金融なら間に合ったのに…」なんてことにならないように、中小消費者金融の特徴を理解しておきましょう。

ここからは大手以外の中小消費者金融で即日融資を受けたい場合、何に注意すべきなのかを説明していきます。

業者ごとの違いもありますが、主に注意すべきなのは以下の5つです。

  • 審査にかかる時間は大手よりも長い
  • 審査業務の対応時間が短い
  • 自動契約機を設置していないことが多い
  • 平日夕方以降や土日祝日の振込融資ができない
  • 貸付契約の方式が異なる

審査にかかる時間は大手よりも長い

大手はコンピューターで申込内容を採点していき、返済能力を評価する一方で、中小消費者金融は担当者が項目をひとつずつチェックしていくことも多いです。

中小消費者金融の審査は担当者が行う

このような審査方式の違いがあるため、中小消費者金融の審査は大手よりも時間がかかります。

中には大手よりも早い最短審査時間をホームページに記載している業者もありますが、あくまでも最短の場合です。

どのくらいの時間がかかるかは申し込んでみないと分かりません。ただ、全体的な傾向としては中小の方が遅いと考えて良いでしょう。

審査業務の対応時間が短い

大手消費者金融であれば21時までの営業が多いです。審査業務も同じ時間まで対応してくれるので、夕方以降の申し込みでも即日融資を受けられる可能性があります。

その一方で、中小消費者金融の営業時間は短く、そのほとんどは夕方までの営業です。

土・日・祝日に関しては定休日になっている、もしくは土曜日だけ営業しているというケースも多いので、年中無休の大手とは異なります。

特に一店舗のみで営業しているような小規模な業者の場合、人員の問題もあり、審査の対応などをしてくれる時間は短くなるでしょう。

自動契約機を設置していないことが多い

大手消費者金融の場合、全国に自動契約機を設置していて、ローンカードを即日発行することもできます。無人なので人目を気にしたり、スタッフと対面で話したりする必要もありません。

ですが、中小消費者金融のほとんどには自動契約機がなく、どうしても店頭窓口に来店する、もしくは郵送などで契約する必要が出てくるのです。

そのため、大手のように自動契約機でカードを受け取って、すぐに近くのATMでキャッシングするというのは難しいでしょう。

即日融資を希望する場合、自動契約機の有無や店舗の場所は必ず調べておいてください。

平日夕方以降や土日祝日の振込融資ができない

中小消費者金融は銀行振込で融資することも多いですが、入金時間は大手よりも限定されます。

基本的に入金は銀行窓口の営業時間になるため、窓口の15時前後がタイムリミットになり、それ以降は翌営業日の振込実施です。

時間、曜日に関係なく入金してもらえるケースもある大手消費者金融に比べて、振込融資の利便性は大きく劣ります。銀行振込での即日融資に対応している中小消費者金融でも、午前中に申し込みを済ませていないと、当日の入金は難しいのです。

大手消費者金融と中小消費者金融の違い

貸付契約の方式が異なる

大手消費者金融では主にカードローンを扱っていて、極度貸付タイプの契約になります。つまり、審査で決まった金額の範囲内であれば、自由に追加で借り入れが可能です。

それに対して、中小消費者金融でカードローンを扱うのは一部だけで、ほとんどは証書貸付タイプのローンを扱っています。

この場合、審査で決まった金額が一括で融資され、追加融資が必要なときは再び審査を受けて、新しい貸付契約を結ばないといけません。

大手の中にはカード発行しないカードレス契約に対応した商品もあり、銀行振込のみで融資を受けるケースもありますが、それは極度貸付での契約です。

お金を借りられる点は一緒でも、中小の証書貸付タイプの商品だと「必要なときに、必要な金額だけをすぐ借りる」という使い方には向かないので注意してください。

安心・便利に借りるなら中小消費者金融よりも大手消費者金融がおすすめ

どうしても中小消費者金融は大手に比べて利便性で劣りますし、あまり名前を聞いたことのないような業者で借りるのも不安ですよね。

例えば、一度や二度、大手の審査に落ちていても、別の大手消費者金融の審査には通過できるかもしれません。

「過去に大手の審査に落ちている」
「審査が不安で中小を検討している」

このような方もすぐ諦めないで、まずは大手消費者金融の審査に通らないか再検討してみてください。

以下ではカードローン審査のポイントなどについて簡単に説明していきます。

審査基準は消費者金融ごとに異なる

そもそも審査の基準は、消費者金融ごとに異なります。また、詳しくは次項の「即日融資を受けられる中小消費者金融の審査は甘い?」の中で後述しますが、中小の審査も甘くはありません。

何を、どのように評価するかは会社によって違うので、大手消費者金融間でも審査結果に差が出る可能性はあるのです。

過去に審査に落ちていても、たまたまその会社の基準と合っていなかっただけということも十分に考えられます。

「お試し審査」で最低限の基準をチェック

審査に通るか不安なのであれば、ホームページから「お試し審査」を受けてみましょう。

融資を受けられるかの目安を簡単に診断できるサービスで、必要な情報は基本的に「年齢」「年収」「他社借入」の3つだけです。

お試し審査に必要な3項目

簡易的な診断なので実際の審査結果と異なる場合もありますが、最低限の基準をクリアしているかは分かります。

大手消費者金融であればほとんどの会社でお試し審査があるので、申し込みの前に診断してみてください。

審査が不安な方はカードローンのお試し審査で簡単チェック!

前回の申し込みから一定期間は空ける

直近6ヶ月で複数社の審査に落ちているという場合、次の申し込みは期間を空けてください。申込履歴は信用情報に6ヶ月間登録されるため、短期間の複数申込が審査落ちの原因になることもあるのです。

もし複数申込に心当たりがあるなら、前回から6ヶ月空けて、次のカードローンへ申し込めば申込履歴の影響はありません。

プロミス

即日融資を受けられる中小消費者金融の審査は甘い?

即日融資が可能な中小消費者金融に「すぐ貸してくれるし、審査も甘そう」というイメージを持っている人もいるでしょう。

ですが、実際には大手のどこからも借りられない場合、中小の審査にも通らないケースが多いです。中小消費者金融だからといって、大手よりもずっと審査が甘いというわけではありません。

中小消費者金融だからといって審査は甘くない

大手と基準は違うが審査は慎重

中小消費者金融には大手の審査に落ちてしまった人の申し込みも多いです。そのため、大手とまったく同じ難易度で審査をしてしまうと、融資対象者はとても少なくなってしまいます。

そこで中小消費者金融は「大手の審査には落ちたものの、返済能力がある人」を見つけないといけません。

審査基準を甘くしてしまうと貸し倒れのリスクが高くなるので、中小は大手と審査基準を変えつつも、とても慎重に返済能力をチェックします。

例えば、大手消費者金融だと電話による在籍確認を書類提出で代替してくれることもありますが、中小は原則電話でしか対応してくれないことが多いです。

また、融資額に関係なく、中小だと収入証明書の提出を必須としているケースもあるので注意してください。

このような傾向が大手よりも審査に時間がかかる原因でもあります。一見、中小は大手よりも融通が利きそうに思えますが、むしろ逆なのです。

中小でも消費者金融は総量規制の対象

総量規制は「貸金業者からの借り入れを年収の1/3までに制限」する貸金業法のルールです。

貸金業者から借りられるお金は年収3分の1まで

規模に関係なく、消費者金融は総量規制の対象になります。そのため、総量規制が理由で大手の審査に落ちている場合、中小でも審査結果は一緒です。

「中小に抜け道ないかな?」と探している人もいるかもしれませんが、貸金業法にもとづくおまとめローンなどを除いて例外はありません。

もし通常の融資で総量規制対象外を謳っているような業者があるなら、それは闇金の可能性が高いので注意してください。

収入証明書が必要かは申し込みと審査の内容次第

貸金業法では「1社から50万円超を借りる場合」「複数社から100万円超を借りる場合」は収入証明書の提出が必要だとされています。

これは大手でも、中小でも一緒ですが、返済能力の審査のために必要だと判断されると上記に該当しなくても提出を求められます。

特に大手の審査に落ちてしまった人の申し込みも多い中小消費者金融では、提出を求められるケースが多いでしょう。

ブラックだと中小の審査にもほぼ通らない

信用情報に長期延滞や債務整理などの記録が登録されている状態をブラックといいます。

大手は特に信用情報を重視する傾向があるので、ブラックだとコンピューターによる仮審査の段階で自動的に否決されるでしょう。

ブラックリスト登録者は審査に通らない

一方、中小は信用情報よりも、現在の収入を重視する傾向があるといわれています。ですが、中小でもブラックだと審査に通りづらい点は同様です。

中小消費者金融(街金)と闇金の違いを見分ける方法

雑居ビルに店舗を構えているような小規模な消費者金融は街金やサラ金と呼ばれることもあります。どちらも都道府県などから登録を受けた貸金業者であり、呼び方が違うだけで消費者金融と一緒です。

ただ、中には貸金業者を装った違法な闇金も存在するので注意してください。

闇金と街金・サラ金の違い

大手消費者金融や銀行からお金を借りられなかった人は、闇金にとってもターゲットです。特に即日融資を希望する場合、冷静に判断できないケースもあるでしょう。

ここからは違法な闇金と中小消費者金融の違いを見分ける方法について説明していきます。

金融庁の登録貸金業者検索サービスに掲載されている

貸金業を営む場合、国、または都道府県から登録を受ける必要があります。

そして、登録を受けた貸金業者は、金融庁の登録貸金業者検索サービスで調べられます。

つまり、ここで情報が出てこないときは、無登録で貸金業を行う闇金の可能性が高いです。大手以外の消費者金融を利用するなら、登録番号や代表者の氏名などで検索してみると良いでしょう。

「簡単に借りられる」と思わせるような宣伝文句を使用していない

正規の業者であれば「審査が甘い」といった宣伝文句は使いません。

貸金業の広告に関する規制もあり、「誰でも簡単に借りられる」と勘違いするような文言の使用は禁止されているのです。

そのため、そのような広告を行っている業者は闇金の可能性があります。

「審査なし」の貸金業者は闇金の可能性が高い

適用される金利が法律の範囲内

貸金業者にとってお金を貸すのは業務なので、金利が適用されるのは当然です。ただし、利息制限法などでは、元金に応じて適用できる金利の上限が決められています。

例えば、10万円~100万円未満の場合、金利の上限は年18.0%です。これを超える金利で生じた利息は無効であり、金利によっては刑事罰の対象にもなります。

もし利息制限法に違反する金利で融資をしているなら、そこは闇金だと思った方が良いでしょう。

「もう闇金でしか借りられない…」となる前に知っておきたい解決策

中小消費者金融の審査も甘くはないため、他社借入が多く、なかなか審査に通らないと闇雲に借り入れの申し込みをしてしまうかもしれません。

また、「もう闇金しか選択肢はない…」と追い詰められる人もいるでしょう。

そのような場合、次のような選択肢があることも覚えておいてください。

審査に通らない人が知っておくべき解決策
  • おまとめローン
  • 債務整理

中小規模の消費者金融は全国に多数あります。ただ、大手の審査に通らないときは、借りられる場所を探すのではなく、これらの方法を選択した方が問題の解決は早いこともあるのです。

おまとめローン

おまとめローンは複数の借り入れをひとつにまとめて、返済の負担を軽減するための商品です。

他社借入が原因で新たな融資を受けにくいのであれば、まずは借入残高を減少させていくことに専念しましょう。

おまとめローンは総量規制の対象外で年収の1/3超の金額にも対応でき、返済専用なので借入残高を増やすこともありません。

借りたお金を返済に回そうと考えていたなら、通常のローンではなく、おまとめローンを検討してみてください。

債務整理

すでに返済に遅れが生じている、またはひとつにまとめても返済しきれないという場合は、債務整理が有効なケースもあります。

債務整理は債権者との交渉、もしくは裁判所を通して、借金の減額や返済条件を変更する手続きです。

債務整理に信用情報は影響しないため、延滞中の借り入れがあっても問題ありません。

ただ、弁護士事務所などへいきなり相談に行くのはハードルが高いですよね。そこで便利なのが借金減額の無料診断サービスです。

借り入れの金額や期間、返済の状況などを入力すれば、無料でどの程度減額できるか診断できます。

まずはこのようなサービスを活用すると良いでしょう。

まとめ

闇金以外の中小消費者金融の中にも即日融資に対応している業者は多いです。ただし、大手に比べて即日融資のハードルは高く、特に「銀行振込で融資を受ける」「自動契約機がない」といったケースではかなり難しいです。

午前中に申し込みを済ませ、スムーズに審査・契約が進まないと、翌日以降の借り入れになるでしょう。

中小消費者金融の即日融資について、この記事のポイントをまとめました。

  • 銀行振込の場合、午前中に申し込まないと即日融資は難しい
  • 自動契約機や店頭窓口があると即日融資を受けやすい
  • 土日祝日は定休日で審査も進まないことが多い
  • 大手と異なる審査基準だが、甘いわけではない
  • おまとめローンや債務整理を検討した方が良い場合もある

即日融資を受けたいのであれば、中小よりも大手を選ぶ方が可能性は高く、安心感もあります。お試し審査の結果に問題がなければ、大手に申し込むことをおすすめします。

また、返済が厳しくなっているならおまとめローンや債務整理なども検討してください。

中小消費者金融を装った闇金というのも存在するので、怪しい業者を利用してはいけません。