プロミスの自動契約機で即日融資を受ける方法

プロミスのカードローンは即日融資も可能で、自動契約機を使えば申し込みの当日にカード発行することができます。(※ 申し込みの時間帯などによっては翌営業日以降になります。)

自動契約機ならその場でローンカードと契約書を受け取れるので、自宅への郵送物も発生しません。

この記事でははじめてプロミスを利用する人向けに自動契約機の使い方についてまとめました。自動契約機で即日融資を受ける方法、来店する際に必要なもの、利用時の注意点などを詳しく説明していきます。

プロミスの自動契約機でできること

プロミスの自動契約機では設置されているタッチパネルに必要情報を入力することでカードローンの申し込みができます。

店内には書類を取り込むためのスキャナー、オペレーターと通話できる備え付けの電話など手続きに必要なものが一式備わっています。

カードローンの申し込みを含め、以下のような手続きがプロミスの自動契約機から行えるのです。

  • カードローンの新規申込
  • 必要書類の提出
  • カード発行(再発行を含む)
  • 契約内容の変更(増額申込・返済日の変更など)
  • 解約手続き

プロミスの自動契約機ではネットで申し込みを済ませた人がカードを受け取ったり、カードレスで契約していた人があとからカード発行したりもできます。

また、限度額の増額審査の申し込みも可能です。カード発行以外はネットからも行える手続きが多いですが、近くにあるなら必要に応じて自動契約機を利用すると便利でしょう。

ただし、自動契約機で借り入れ・返済は行えません。店内には自動契約機と別にプロミスATMが併設されていることも多いので、借り入れや返済はそちらを利用してください。

もちろん、プロミスのローンカードはコンビニや銀行などの提携ATMも利用可能です。

プロミス自動契約機の営業時間と設置場所

プロミスのカードローンはインターネットから24時間いつでも申し込めます。しかし、自動契約機の営業時間は決まっているので、来店する際は注意してください。

プロミスの自動契約機(無人店舗)、お客様サービスプラザ(有人店舗)、プロミスATMの営業時間は次のとおりです。

  平日 土・日・祝日
自動契約機 9:00~21:00 9:00~21:00
お客様サービスプラザ 10:00~18:00
プロミスATM 7:00~24:00 7:00~24:00

※ 自動契約機、プロミスATMなどは店舗によって営業時間が異なる場合もあります。店舗ごとの営業時間はプロミス公式ホームページで確認してください。

プロミス自動契約機は平日だけでなく、基本的に土・日・祝日も21時までの営業です。店舗には手数料のかからないプロミスATMも併設されていますが、一部店舗にはなかったり、店舗によって営業時間が異なったりします。

そのため、「近くの自動契約機はどこか?」「何時まで営業しているのか?」「ATMは併設されているのか?」などはプロミスのホームページで調べてください。

公式サイトの「店舗・ATM」ページへ行けば、最寄りの自動契約機をすぐに検索することができます。

プロミスの自動契約機を利用する際に必要なもの

プロミスの自動契約機からカードローンの新規申込をする場合、審査に必要な書類を持参しなくてはいけません。

必要書類を忘れてしまうと手続きできないので注意してください。プロミスの審査で必要なのは「本人確認書類(必須)」「収入証明書(該当者のみ)」です。

本人確認書類 氏名・生年月日・現住所を確認できる本人確認書類を以下のいずれかから1点が必要。
・運転免許証(運転経歴証明書も可)
・パスポート ※1
・マイナンバーカード(通知カードは不可)
・健康保険証+1点(例:住民票の写し) ※2
・在留カード/ 特別永住者証明書
収入証明書 「希望限度額が50万円を超える」「希望限度額+他社借入金額が100万円を超える」「申し込み時の年齢が19歳以下」の場合は、以下の収入証明書からいずれか1点が必要。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・税額通知書(最新のもの)
・所得(課税)証明書(最新のもの/ 「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
・給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)※3

※1 2020年2月3日以前に申請し、発行された住所欄に現住所が記載されているものに限ります。2020年2月4日以降、発給申請されたパスポートは所持人記入欄(住所欄)が廃止されています。

※2 住民票の写しは「公共料金の領収書」などでも代用できます。また、保険証を提出する際は記号・番号・保険者番号・QRコードの箇所を見えないように加工してください。

※3 賞与明細書がない場合は、直近2ヶ月分の給与明細書のみを提出してください。

また、本人確認書類の住所が現住所と異なる場合、現在の住所が記載されている「公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHK)」「住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書」「国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書」「社会保険料の領収書」のいずれかも必要です。

発行日から6ヶ月以内のいずれかの書類も本人確認書類とあわせて持参しましょう。

基本的に以上の書類があれば自動契約機からプロミスのカードローンを申し込めます。印鑑などは必要ありません。

プロミスの自動契約機の使い方・手続きの流れ

プロミスの自動契約機からカードローンの申し込みをする場合、手続きには少なくとも30分~60分程度かかります。

ただし、審査の進捗状況によっては長引くケースもあるので注意してください。

プロミスの自動契約機でカードローンの申し込みをする流れについて説明していきます。

  1. タッチパネルで必要情報を入力する
  2. 審査結果の連絡が来るのを契約機内で待つ
  3. 審査結果・契約可能額を確認する
  4. 案内に従って契約手続きを行う
  5. 発行されたローンカードを受け取る
  6. プロミスATMなどでキャッシングする

1. タッチパネルで必要情報を入力する

プロミスの自動契約機はタッチパネルになっているので、画面を操作して審査に必要な情報を入力していきます。画面に表示される案内に従って入力を進めてください。

審査内容、審査に必要な情報は、自動契約機以外の申込方法(ネット・電話など)と変わりません。

申込者の情報、勤務先の情報、現在の借入状況などを正確に入力しましょう。

その後、備え付けのスキャナーで必要書類を取り込みます。指示があったら持参した本人確認書類などを読み取り位置にセットしてください。

2. 審査結果の連絡が来るのを契約機内で待つ

審査に必要な情報の入力、必要書類の提出が完了したら、契約機内で審査結果の連絡を待つことになります。基本的に審査中は外へ出ることができません。

審査結果の連絡を待っている間は、契約機の画面にローンカードの利用方法を説明する動画などが流れるので、それらを見ながら待ちましょう。

また、自動契約機内にはオペレーターに繋がる電話が備え付けられています。申込内容の確認などのためにオペレーターから連絡が来ることもあるため、呼び出し音が鳴ったら受話器を取ってください。

3. 審査結果・契約可能額を確認する

カードローン審査が完了すると、審査結果および契約可能額が自動契約機の画面と備え付けの電話で案内されます。

無事に審査通過し、契約金額などにも問題がなければ、次の契約手続きに進みましょう。

4. 案内に従って契約手続きを行う

画面やオペレーターの案内に従ってカードローンの契約を行います。

契約内容を確認して、タッチパネルに必要な情報を入力していきます。その後、カードローンの契約書が発行されるので、机に置いてあるペンで署名を行ってください。

あとは署名した契約書をスキャナーで取り込んでプロミスへ送信します。契約書は控えになるため、忘れないように持ち帰りましょう。

5. 発行されたローンカードを受け取る

契約完了後、すぐに自動契約機からローンカードが発行されます。これで自動契約機での手続きは完了です。

契約書、ローンカード、持参した書類など忘れ物がないかをよく確認してから退出してください。

6. プロミスATMなどでキャッシングする

繰り返しになりますが、自動契約機で借り入れ・返済はできません。すぐにキャッシングしたいときは、店舗に併設されているプロミスATMなどを利用しましょう。

プロミスATMであれば手数料無料です。ただし、店舗によってはプロミスATMが併設されていない場所もあります。

プロミスのローンカードはコンビニや銀行などの提携ATMでも利用可能です。提携ATMの中では三井住友銀行ATMのみ手数料がかかりません。

また、プロミスはスマホATM取引、インターネット振込などでも借りられます。

はじめてプロミスを利用する人は、初回借入の翌日から30日間が無利息期間になるので、必要なタイミングでキャッシングするようにしてください。(※ 無利息期間の適用にはメールアドレスの登録、Web明細の利用が必要です。)

プロミス自動契約機でカード発行を最短で行うにはネット併用がポイント

プロミスの自動契約機でローンカードを最短で発行したい場合、申し込みをインターネットで済ませておきましょう。

事前にできる手続きをネットから済ませておけば、来店後にかかる時間は大幅に短くなります。

審査に必要な情報の入力はパソコンやスマホから行う方が簡単です。

特にプロミスは9:00~21:00にスマホから申し込んだ場合、最短15秒で仮審査の結果を画面上で確認できます。(※ 仮審査結果の確認後、本審査が必要です。また、新規契約時点の限度額の上限は50万円までになります。)

正式な審査結果はその後の連絡になりますが、ネット申し込みであれば「好きな場所で、好きなことをしながら」審査結果を待てます。

申し込みが混み合っていたり、入力内容や提出書類に不備があったりすれば、審査は長引いてしまうでしょう。自動契約機の中でずっと待っているのは想像よりもストレスなので、審査結果の連絡を受けてから店舗へ向かうことをおすすめします。

事前にネットから申し込みを済ませている人は、契約機トップ画面の「Web等でお申し込み済みのお客さま」から手続きを進めてください。

この場合、来店後の手続きは契約とカード発行だけです。審査の待ち時間がないため、来店して一から申し込みをするよりもスピーディにカード発行できるでしょう。

プロミスの自動契約機を使うべき人とは?

プロミスの自動契約機を使えば、郵送物なしでローンカードを受け取れます。また、手続き途中でもオペレーターに相談しやすいというのも自動契約機のメリットです。

しかし、プロミスはローンカードを郵送で受け取ったり、カードレスで契約したりもできます。

どのような人がプロミスの自動契約機を使うべきなのでしょうか?

カードを即日発行するなら自動契約機が便利
プロミスの自動契約機を使うと良いのは「ローンカードの即日発行を希望する人」です。

ローンカードを郵送で受け取る場合、カードの到着は早くとも契約から数日後になります。

すぐにローンカードを受け取って、プロミスATMや提携ATMでキャッシングしたいというときは、自動契約機でカード発行しましょう。

前述のとおり、申し込みはインターネットから済ませておく方がよりスムーズです。スマホなどから申し込みを行った上で、最寄りの自動契約機に来店するようにしてください。

プロミスはカードレスのWeb完結でも契約可能

一方、ローンカードがなくても良い人はカードレスのWeb完結で契約することをおすすめします。

カードレスならそもそも自動契約機を利用する必要がありません。ネットから申し込むと審査結果はメールまたは電話で連絡されるので、そのままネットで契約も済ませましょう。

契約完了後、ローンカードがなくてもスマホATM取引、インターネット振込ですぐに借りられます。

スマホATM取引はスマホアプリがローンカードの代わりになるサービスで、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM(一部店舗を除く)で利用可能です。

また、インターネット振込は原則24時間いつでも振込手数料無料で利用でき、指定口座に最短10秒で振り込んでくれます。(※ メンテナンスなどの時間を除きます。また、振込実施時間は金融機関によって異なります。)

プロミスはカードレスでも十分便利なので、カードがいらないなら来店不要のWeb完結で契約してください。

プロミスを自動契約機から申し込んだ場合、在籍確認はどうなる?

プロミスのカードローン審査では申込者の勤務先、勤務状況を確認する「在籍確認」が必須です。

審査の過程で担当者から勤務先へ電話がかけられ、「申込情報の勤務先は正しいのか」「本当に働いているのか」がチェックされます。

ただし、申込者のプライバシーには十分配慮してくれるので、申込者以外に具体的な用件を伝えたり、会社名を名乗ったりはしません。

基本的にその電話を申込者がとる、もしくは申込者へ取り次がれれば在籍確認は完了です。

また、申込者が職場にいないタイミングでも在籍確認は行えます。自動契約機から申し込んだ場合、審査を店内で待っている間に在籍確認も実施されますが、「ただいま、◯◯は席を外しております。」などの返答で確認がとれたことになるのです。

プロミスの在籍確認に関しては別のページで解説しているので、より詳しく知りたい人はそちらを確認してください。

プロミスは在籍確認なしにする方法はある!?いつどんな方法でするの?

プロミス自動契約機と三井住友銀行内ローン契約機の違い

実は、三井住友銀行内にあるローン契約機でもプロミスのローンカードを発行できます。

ですが、三井住友銀行ローン契約機からプロミスの新規申込はできません。事前にネットから申し込みを済ませた人であればプロミスの契約やカード発行は行えますが、一から申し込みをすることはできないので注意してください。

三井住友銀行内ローン契約機についてもプロミスの「店舗・ATM」ページで検索可能です。

利用可能時間は9:00~21:00なので、プロミス自動契約機が近くになければ三井住友銀行内ローン契約機を利用すると良いでしょう。(※ 店舗によって利用可能時間が異なります。)

ただし、曜日や時間帯によってはプロミス自動契約機よりも人目が気になるかもしれません。

ローン契約機は外から見えないような半個室のボックスになっていますが、人目が気になる人は利用する時間帯などに注意してください。

プロミスの自動契約機を使うときの注意点

ここからはプロミスの自動契約機を使う際の注意点について解説していきます。

自動契約機で申し込みやカード発行をしようと考えている人は、以下の点に注意しましょう。

  • 土日祝日など勤務先の休業日は在籍確認しにくい
  • 申し込みの時間が遅いと即日融資は受けられない
  • 提出書類に不備があると契約できない
  • 先に利用している人がいると待ち時間が発生する
  • 自動契約機への出入りを知り合いに見られる危険性がある

土・日・祝日など勤務先の休業日は在籍確認しにくい

プロミスの自動契約機は平日以外の土・日・祝日も営業しています。審査もしてくれるため申し込みの当日の契約も可能ですが、在籍確認には注意してください。

プロミスの在籍確認は基本的に電話連絡です。そのため、勤務先の休業日などで会社や店舗に人がいないと確認はとれません。

翌営業日以降の連絡になってしまうケースもあるため、職場が休みの日の申し込みは要注意です。

自動契約機から申し込んだ場合、備え付けの電話でオペレーターから在籍確認がとれなかった旨を伝えられるでしょう。

ただ、勤務状況を確認できる書類(社会保険証・給与明細など)の提出で電話連絡の代わりになるケースもあります。

対応は審査内容(担当者の判断)にもよるので、できれば申し込みはネットから済ませ、その上で在籍確認の方法についてコールセンターで相談することをおすすめします。

自動契約機に来店したのに審査を進められないと時間の無駄になってしまいます。

申し込みの時間が遅いと即日融資は受けられない

プロミスの自動契約機は21時まで営業していますが、来店する時間が遅いと即日融資は受けられません。

審査や契約の手続きに30分~60分ほどかかると想定するなら、遅くとも20時までには申し込みを済ませてください。ただし、通常よりも長い時間が審査にかかることもあるでしょう。

自動契約機からの申し込みだと来店しなければならないので、時間のあるときにスマホなどから申し込みを済ませてください。

事前に審査が完了していれば、来店してからの手続きがスムーズになります。

提出書類に不備があると契約できない

カードローン審査に必要な書類を来店で提出する場合、書類に不備があるとその場での契約ができません。

必要書類を自宅などに取りに戻るとなると、その分だけ、余計に時間がかかってしまいます。

そのため、自動契約機に来店するときは必要書類をしっかりと確認しておきましょう。有効期限のある書類は期限を過ぎていると無効で、記載のないもの(公共料金の領収書など)は発行日から6ヶ月以内のものに限ります。

提出する書類が有効なものかも確認してください。

先に利用している人がいると待ち時間が発生する

プロミスの自動契約機に来店した際に先客がいると待ち時間が発生します。最寄りの店舗や営業時間はプロミスのホームページから調べられますが、現在の利用状況は行ってみないと分かりません。

手続きの進捗状況によっては1時間以上待つケースもあるので注意してください。

もし近くに別の店舗があるなら、そちらに向かっても良いでしょう。ただ、「別店舗の自動契約機も利用中」という可能性もゼロではありません。

自動契約機が混み合うことは少ないですが、急いでいる人は時間に余裕を持って来店しましょう。

自動契約機への出入りを知り合いに見られる危険性がある

カードローンを利用する上で家族や同僚などにバレるのが不安な人は多いです。自動契約機への出入りは知り合いに見られる危険性があります。

店内に入ってしまえば外からは見えませんし、自動契約機を使えばローンカードと契約書の自宅への郵送もありません。しかし、出入りの瞬間を目撃されると言い訳は難しいでしょう。

周りにバレるのが不安な人は利用する自動契約機の場所や時間帯に注意してください。三井住友銀行内のローン契約機でカード発行する場合も同様です。

どうしても人目が気になるのであれば、来店不要のカードレスで契約するのもおすすめです。

おすすめのWeb完結カードレスローン

まとめ

プロミスの自動契約機の営業時間は9:00~21:00です。来店して一から申し込みをする場合は、時間に余裕を持って到着し、審査に必要な書類も忘れないように注意してください。

自動契約機での契約完了後、発行されたローンカードはすぐに利用可能です。

店舗内にプロミスATMが併設されているなら、ATM手数料無料で借り入れできます。すぐに借りるときはプロミスATMを使うと良いでしょう。

  • プロミス自動契約機は土日祝日も21時まで利用可能
  • 併設されているプロミスATMは手数料無料
  • 自動契約機を利用するときは必要書類を必ず持参
  • 自動契約機ではカード発行のみも行える
  • 店内で審査を待つ場合、在籍確認は本人不在で実施される

ただし、自動契約機を利用する場合も申し込みはインターネットがおすすめです。

自動契約機での手続きで長いのは審査の待ち時間です。事前にスマホやパソコンから申し込んでおけば、来店後の待ち時間はありません。

カード発行だけを自動契約機でする方がスムーズなので、あらかじめ申し込みは行っておきましょう。

また、プロミスはカードレスのWeb完結で契約することもできます。ローンカードがなくても良い人はWeb完結で契約して、スマホATM取引やインターネット振込で借りてください。